アガリ6回、放銃5回!卓上に熱狂を巻き起こす「寿人劇場」【熱論!Mリーグ】担当記者:山﨑和也

をツモ切って追っかけた。なんとも迫力があるではないか。この手は絶対にオリないので、それならばと勝負を懸けたわけだ。

将棋界には「棋は対話なり」という言葉がある。1手1手のお互いの指し手が、まるで対話をしているかのよう、という意だ。ここではさぞ激しい言葉が飛び交っていたに違いない。

サクラナイツ沢崎も手は整っていたのだが、をつかんでしまい、打で1歩後退。

無情にもを引いたのは松本。隣のならアガっていたが、ひとつの差が大違いとなった。

殴り合いを制したのは寿人。点数はリーチのみの1300は1600だが、このアガりは大きかった。つらかったのは放銃した松本よりも、親の滝沢だ。ビッグチャンスの手が流れてしまった。

東4局。ドラが2枚ある寿人が早々にをポンし、3900の手に向かう。

カン待ちになった。沢崎の親をさらっと流してしまえばしてやったり。沢崎は今シーズン、親番で何度もマムシの噛みつきを見せている。この後、滝沢からが出てポンし、待ちに変化。広い待ちになった。

そして2000-4000のツモアガり。寿人が再度トップに立った。1戦目とは打って変わっての乱打戦となっている。

南1局。ここは沢崎が松本とのリーチ合戦を制す。をツモってさらに裏も1枚乗せた。2000-4000のアガりで3着に浮上。

松本も手応えのありそうな追っかけリーチだったのだが、本日は1戦目に続きあと一歩で届かなかった。数秒ほど呆然としていたのが印象に残る。

南2局で寿人の親番。元気が残っていそうな三者を黙らせるかのように、待ちのリーチ。

いとも簡単にツモって2600オールのアガりとなった。これでなんと5回目のアガり。

クールに3人から点棒を奪っていき、トップがかなり現実的なところまできた。寿人はこれに満足せず、次局で2着目のライバルに手痛い一撃を浴びせる。

南2局1本場。ここで目立っていたのは松本。親番が流れてしまったので高い手を作りにいきたいところだ。東2局2本場のように、一直線にホンイツに向かっていく。上図はを鳴いているが、残った手牌は苦しい。

寿人もホンイツに向かっていた。を重ねて打。早い段階でターツのを切っているのが細かいところで、松本が仕上がる前の先切りケアだ。ただ猛突進しているわけではない。

中盤に差し掛かり、松本の手から字牌が出てきて危ない雰囲気が出てきた。

沢崎にドラ2の手が入っていたのだが、を引いて止まる。ここで打とした。直前に寿人が通したに合わせている。筆者はオリたように映った。

次巡、松本が必死に汗だくでテンパイに向かおうとしている中で、寿人がひっそりと強烈な手に育て上げていた。を引いてカンのテンパイ。ここで沢崎の手をもう一度確認していただきたい。が浮いている。

これは沢崎の放銃かと思いきや、なんと先に滝沢が打ってしまった。自身もドラ3(含みでカンを鳴いている)だったのでアガりに向かう自然な一打だったのだが、これはきつい。メンホンでの親の満貫は痛かった。

55000点となって寿人がさらにリード。だが、このまま大トップで終わるような場ではなかった。

続く南2局2本場。いやいや、さらに加点しそうな高打点の配牌じゃないかと言われてしまいそうだ。ただ、こういった赤3枚がうまく使いきれるケースは少なく、1枚は手放すことが多い。

これを全部使いきってしまうのが今の寿人である。パーフェクトな状態に仕上がった。この後に松本からが出てすぐさまポン。を落としていく。

どんなに点差が離れていてもぶれない姿勢は圧巻。この日の解説は「サイボーグ」などで有名な愛称のパイレーツ・小林剛プロだったのだが、寿人も負けず劣らずサイボーグだと思う。

そこに待ったをかけたのが滝沢だった。をツモり、を切って待ちのリーチ。

すぐにをつかんでしまう寿人。この手格好ではさすがに打つしかない。テンパイをとったものの、放銃となった。滝沢は3200は3800の加点で、2着争いが激化することに。

南3局。滝沢の勢いは続く。ドラが2枚と赤があって12000の手になっており、ダマテンにして待ち構える。

寿人も対抗するかのようにダマテンを入れていた。滝沢は打点が十分だったためリーチをかけない背景があったが、寿人も点差の離れたトップなので無理をする必要はないという意図である。

しかし、次巡にをツモったために滝沢にまたも放銃となった。これは仕方がない。とはいえ点差が縮まって気持ち悪くなってきた。

転んでもただでは起きない。それにしても点棒が激しく動く。

南3局1本場は沢崎が先制リーチ。寿人にとってラス親を残している沢崎は脅威だ。寿人と滝沢ばかりが激しくやりあっていたが、一方で放銃ゼロの沢崎はさすがの一言。

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!