滝沢和典、個人2連勝・3勝目獲得!! ドリブンズと風林火山、早くも二頭体制樹立か!?

滝沢和典、

個人2連勝・3勝目獲得!!

ドリブンズと風林火山、

早くも二頭体制樹立か!?

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2020」の開幕17日目、第1戦は滝沢和典EX風林火山)が、トップを獲得。試合は松本と滝沢のマッチレース。なぜか両者でのアガリが頻出するが、結果は滝沢が逃げ切って個人2連勝。個人3勝目を獲得した。

第1戦の対局者は、KADOKAWAサクラナイツ内川幸太郎U-NEXT Pirates石橋伸洋渋谷ABEMAS松本吉弘、そして滝沢の4名。

東2局、北家の滝沢はポンからのホンイツ仕掛けで発進。もポンしてアンコの単騎待ちテンパイ。そこへ親の石橋と、南家・松本がリーチで強襲。滝沢はをツモって切り。待ちをにチェンジする。内川からを仕留めて窮地を脱する。

東3局、南家の松本がリーチ・タンヤオチートイツ単騎待ちを内川から仕留めて8000点。松本がトップに立つ。

東4局1本場、北家の石橋がドラのペンチャン待ちでリーチをかけ、親の松本がその現物を切ると滝沢がロンを宣告。チャンタサンショク・ドラ1の8000点。アガリ牌はまたもや

滝沢が再度トップに立つ。

南1局、石橋が待ちでリーチを敢行(ドラ)。またもやでアガるのかと思いきや、下家の松本がチーを入れて、ソーズのチンイツをツモアガリ。

南2局には、滝沢がピンフのみのダマテン待ちのをツモアガリ。1500点を加点して、局を潰す。

結果、松本を振り切って滝沢がトップで試合終了。滝沢は個人2連勝の3勝目を獲得した。

滝沢はインタビューで、

「(個人3勝目について)よかったです(笑)。結果はいいんですけど、これでいいんだっけ? みたいな、スカッとした勝ちとは言えないですね。フラフラながらもトップを取れましたけど、本当は気持ちよくトップを取って飲みにでも行きたいんですが、調子に乗って2戦目も行かせてもらいます」

と連闘を宣言した。

【Result】
1着 滝沢和典・風林火山 3万9400点/+59.4
2着 松本吉弘・ABEMAS 3万2600点/+12.6
3着 石橋伸洋・パイレーツ 1万4100点/▲25.9
4着 内川幸太郎サクラナイツ 1万3900点/▲46.1

【Total】
1位 赤坂ドリブンズ +281.3(16/90)
2位 EX風林火山 +245.7(17/90)
3位 渋谷ABEMAS +26.7(17/90)
4位 セガサミーフェニックス ▲68.4(16/90)
5位 KADOKAWAサクラナイツ ▲110.4(17/90)
6位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲119.6(16/90)
7位 U-NEXT Pirates ▲124.9(17/90)
8位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲130.4(16/90)

「大和証券Mリーグ2020 Mリーグ 風林火山vsサクラナイツvsPirates vsABEMAS」

詳細情報
EX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvsU-NEXT Pirates vs渋谷ABEMAS

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2020」
11月2日の対戦はEX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvsU-NEXT Pirates vs渋谷ABEMAS

キャスト

EX風林火山
KADOKAWAサクラナイツ
U-NEXT Pirates
渋谷ABEMAS
実況:小林未沙
解説:土田浩翔
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE
大和証券Mリーグ2020 風林火山vsサクラナイツvsPirates vsABEMAS

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!