「new本田朋広」爆誕、アップデートされた俺は一味違うぜ!【Mリーグ2023-24観戦記 9/22】担当記者 #徳岡明信

「new本田朋広」爆誕
アップデートされた俺は
一味違うぜ!

文・徳岡明信【代打ライター】2023年9月22日

Mリーグ23-24シーズンが始まり早1週間が経とうとしている。

新規チーム参入や新加入選手と開幕前から大いに湧いていたが、その話題に負けじと、試合内容も連日大きな盛り上がりを魅せている。

9月22日金曜日 第1試合
筆者の注目はこの2名

咋シーズンでは2年連続のMVPに大手をかけるものの惜しくもKONAMI麻雀格闘俱楽部の伊達に競り負けたU-NEXT Piratesの瑞原。
しかし毎年コンスタントにポイントを積み重ねていくその姿に今年も期待せずにはいられない。

そしてTEAM雷電の本田。
咋シーズン、本田にとってはまさに飛躍の年となった。
今年はさらに修正を加えた「new本田」を魅せると豪語してくれた。
アップデートされた本田の麻雀に注目だ。

この2名に今シーズン早くも2度目の登板となる勝又、大介が卓を囲む。
両者とも初戦は消化不良の半荘と終わった為、この1戦で爆発したい所だ。

東家:鈴木大介 (BEAST Japanext)
南家:瑞原明奈 (U-NEXT Pirates)
西家:勝又健志 (EX風林火山)
北家:本田朋広 (TEAM雷電)

東1局

先手を取った勝又だ。
ドラの【6マン】単騎のチートイツ、これが何と山に丸々残っているではないか。
いきなりの大チャンス手となる。

しかし親の大介が東発から黙っている訳が無い。
こちらは【1マン】【4マン】待ちのピンフ赤1の手で追いかける。
大介の待ちは山に1枚と枚数的には勝又がかなり有利ではあるが、

そんなことはお構い無し、【6マン】よりも先に【4マン】が山から顔を出して大介のアガリ。
2600オールで好調なスタートを切る。

この力強さ、さすがの前評判通りだ。
プロ入り前から最強戦等の大舞台で勝ちまくっていた大介がMの舞台での更に激しく暴れようとしている。
この2600オールすらもウォーミングアップの内なのか。

山3のチートイツがツモれなかった勝又、ここから激オコの怒涛のアガリを見せる。

次局の東1局1本場では【赤5マン】ツモからの裏裏の倍満ツモアガリで大介を親被りさせて、

東3局の親番では【1ソウ】【2ソウ】【3ソウ】【4ソウ】【7ソウ】待ちの5メンチャンを悠々とツモアガって4000オール。

流局を挟んで東3局2本場では
三色確定のこの手をダマテンでツモ。
リーチリーチと来たこの流れの中でも冷静にダマテンとする軍師の策略もまたお見事だ。

早くも60000点オーバーの独走状態となった勝又。
初戦の鬱憤を晴らすこの怒涛のアガリの中でも冷静な面持ちで淡々と点棒を点箱に直していく。

アガリもさることながら、この局の本田の対応に注目してほしい。

勝又はイーシャンテンの段階で完全安全牌のドラの【9ソウ】を手に留めて打【5ピン】とする。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀戦術シリーズ新刊/