【西原理恵子 & 山崎一夫】フリー麻雀のバットは大振り!?

ラス前、トップ目の私はさらに加点を目指して序盤にリーチ。
すかさず下家の2着目の常連さんが追いかけ。

逆転のチャンスを捕まえようとする、フリーのベテランです。
一発で私が掴んでマンガン。

リーチ棒込みで往復18000点の見事な逆転トップ目です。

この方のリーチはラス転落のリスクを背負っての勝負ですが、充分リターンが見込める。

序盤のリーチは一番乗りが理想ですが、二番手までは勝ち組のリスク集団だと割り切りましょう。
相手のリーチ一発のタイミングで追いついたら、たいていの牌は勝負。

自分が先行リーチのつもりで、ツモ切りのつもりで勝負。
さてオーラス、私のトップ条件はハネツモかマン直。

「リーチ」

私ではなく親リーです。
見事4000の1枚オールと、私がラス前に目指したパターンを、完全にやられてしまいました。

【6マン】【7マン】【7マン】【8マン】【8マン】【8マン】【9マン】【9マン】【1ソウ】【1ソウ】【1ソウ】【赤5ピン】【西】

ツモ【西】 ドラ【4ピン】

テンパイですがこれってリーチしないだけでなく、出てもアガらないし、ツモってもアガりませんよね。

なので【6マン】切り。

この後【8マン】引いて再度テンパイ取りもしませんよね。
フリー麻雀では、赤切りは捨て牌を極端に弱くしてしまうので、多少無理してでも使い切りましょう。

中盤ゼロメンツで3トイツ以下はまずダメ。

【1マン】【2マン】【4マン】【5マン】【7マン】【7マン】【9マン】【2ピン】【4ピン】【赤5ソウ】【7ソウ】【9ソウ】【9ソウ】

ツモ【4ピン】 ドラ【3マン】

こんな放銃候補だらけに、私もいつの間にかなっていることが多い。
いくらシャンテンを進めても1シャンテンまでは無価値。

クズ手でリーチを受けるのは最悪。
合わせ打ちで安全牌を温存しておきましょう。

【3マン】【赤5マン】【5マン】【6マン】【7マン】【8マン】【9マン】【5ソウ】【5ソウ】【3ピン】【4ピン】【6ピン】【7ピン】

ツモ【8ピン】 ドラ【2マン】

中盤の好形の1シャンテン。

こうなるとリーチを目ざして全ツッパ確定です。
【3マン】切りの後【4ソウ】引きでさらに降りる理由無しとテンションがアガります。

私なんか血圧まで上がってそう。
それがOKなのは中盤まで。

終盤になって攻撃を受けたら、たとえテンパイしてもクールダウンが正解。

でもテンションや血圧って、すぐには下がらないんですよね。

 

 

(文:山崎一夫/イラスト:西原理恵子■初出「近代麻雀」2019年4月号)

●西原理恵子公式HP「鳥頭の城」⇒ http://www.toriatama.net/
●山崎一夫のブログ・twitter・Facebook・HPは「麻雀たぬ」共通です。⇒ http://mj-tanu.com/

さいばら&山崎の でかぴん麻雀入門は毎週水曜更新!!(次回は2月1日更新予定)

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 高宮まり撮り下ろし写真集&近代麻雀新刊