逆風の中でも山のように動じず 勝又健志、細い勝ち筋を逃さぬ読みと胆力【Mリーグ2023-24観戦記 10/20】担当記者 東川亮


リーチ一発ツモ赤裏、4000は4200オール。
軍師の一撃が、戦局を一気にひっくり返した。

勝又はトップ目に立ったが、まだ点差はわずかで、瑞原はもちろん満貫ツモ圏内の菅原もトップが射程に入る。8巡目、【8ソウ】を引いたところで選択。ターツオーバーの形だが、さてどこを外すか。

見える情報から、見えないものを見ようとして。
いい目を、いい表情をしている。
今回の記事ではこの表情をお届けできただけで満足だ。

勝又の選択は【6ソウ】【9ソウ】のリャンメンターツ払い。場に4枚見えていることはもちろん、下家の菅原の捨て牌が明らかに異様で、マンズのホンイツの可能性が濃厚ということもあっただろう。

ドラの【1ソウ】もツモ切り。鳴かれたら満貫を確定させることになるが、形もキープしたいとなると、切るなら今といったところか。

先制リーチは内川。勝又としては倍満以上をツモられなければトップになるが、振り込みだけは避けたい。

というわけでオリ。1人ノーテンだとトップ陥落だが、残る2人がテンパイを取りに行けば横移動で決着もあり得るため、安全策をとった。

最後は内川がツモ。着順変動はなく、勝又がトップを守りきって自身2勝目を飾った。

「軍師」の異名を取るほどに、勝又は麻雀に長けている。そんな彼でも負けが続くことがあるのが麻雀だし、ときには不運もあればミスもあるのだろう。ただ、そこでブレたり気持ちが切れてしまったりしたら、勝てるものも勝てなくなってしまう。山のように動じずに戦い抜いた勝利、その左手首には、「山」のリストバンドがあった。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀戦術シリーズ新刊/