西原理恵子 & 山崎一夫 高田馬場の三馬鹿物語

高田馬場の三馬鹿物語
島本なめだるま親方

西原理恵子さんと私の共著「高田馬場の三馬鹿物語」(竹書房)に登場する、末井昭さんと島本慶さんは、古くからの友だちです。

知り合ったのは島本さんが先で、まだ私たちが二十代だった高田馬場の雀荘です。

長髪かアフロだったと思うんですが、今の年齢では、物理的に無理なヘアスタイルです。

島本さんの職場は雀荘の隣にあった小さな印刷屋さん。
若い島本さんは漫画家志望でしたが、なかなか本格デビューできないのでアルバイトをしておりました。

島本さんの仕事は、タウン誌の企画・取材・原稿書き・イラスト・デザイン・編集、さらには広告取り・製本・販売までやってました。

一人出版業界です。

「印刷機を回すのだけは意地でもやらなかった。それやると完全な印刷屋になって、自分がやりたいことができなくなるような気がして」

そこの社長はそういう若者に理解があり、仕事の後はいっしょに良くセット麻雀を打ってました。
社長も島本さんも、勝負事にアツくなるタイプで、徹マンになることもしばしば。

「島本、そんなに負けて、ウチの安い給料で払えるのかよ」

「すぐに取り返しますって」

「給料日は明日だぞ」

やがて島本さんは、その店のバラ打ちに参加するようになりましたが、まるで花咲か爺さんのように、点棒とご祝儀をバラ撒いてました。

島本さんの実戦を、私がアドバイスしたことがありますが、見る位置が難しい。

隣の手牌が見えないようにするため、私は島本さんが座っている椅子の背もたれに腰をかけて、両足はヒジカケです。

ちょうどバイクのタンデム(2人乗り)みたいな感じです。

「違う違う、チートイツでドラ切ってどうすんの」

「山ちゃん、俺の後頭部にダスキン多摩、しないでね」

「ふひゃひゃ」

徹夜で脳ミソが溶けかかった仲間が力無く笑います。

現在のフリー雀荘では、完全にダメですが、当時のバラ打ちは、マナーやルールに関してとてもルーズだったんです。

●マナーは気にしない。
●ルールはなるべく守る。

 

くらいの感じです。

「チー」

「ポーン! お前ぇに鳴かれるくらいなら、チートイツのテンパイ崩すわ」

とかね。
島本さんの自費出版の漫画を見て、セルフ出版(現白書房)の末井昭さんが訪ねて来ました。

「島本さんは、漫画よりも本人がおもしろい」

「何それ」

「ウチの雑誌で1台16ページやってくれないかな。企画から全部よろしく」

編集プロダクションの誕生です。

出版業界では伝統的に麻雀のつきあいが多いんですが、この時点では末井さんは麻雀をやってなくて、私たちはまだ知り合っていません。

島本さんは、昼間は印刷屋さんで編プロの内職をやり、夜は麻雀を打ち、深夜は掘りごたつでチンチロリンをやってました。

「次号は山ちゃんの取材記事を4ページやるからよろしく」

「ギャラは?」

「とっくに麻雀で何倍も払っとるわい!」

 

元祖風俗ライターは
還暦歌手ペーソスになった

話はさらにさかのぼるんですが、私たちが二十代中ごろに新宿三丁目の追分交番で、過激派が手製爆弾を爆発させました。

警察官など10人近くが大ケガをした事件です。
私はその爆音を近くの紀伊国屋書店のエレベータで聞きました。

同時刻、島本さんは明治通りのバーで、救急車やパトカーが大挙して現場に向かうのを目撃したそうです。