無情に解けた「蜘蛛の糸」〜魚谷侑未を揺らしたもの【Mリーグ2023-24観戦記 2/6】担当記者 千嶋辰治

ここまで魚谷、完璧な足取り。
しかし、僅かに運がなかったか。

多井が観念したかのように河に叩きつけたのは【5ピン】

多井のこの表情。実に悲しげだ。
失った2,000点よりも、主導権争いに敗れた事実を重く受け止めているからだろうか。

魚谷の慧眼が光ったのは、南3局
この親番を落とすと後が無い状況に追い込まれていた。

4巡目、

トイツになれば、またはカン【7ソウ】が埋まれば…という淡い期待で残しがちなドラの【9ソウ】
魚谷はここでケレン味なく切り飛ばしていった。
1巡でも決断を先送りにすれば、それがキズになる。
先ほどの【4ピン】といい、このゲームの魚谷の心に期するものがあることを打牌から感じられた気がするが、皆さんはどのように見えるだろうか?

結局、ドラ分の1翻はタンヤオで回収し、

ツモ山に手を伸ばす時間を稼ぐため、ここはノータイムでリーチ。
ツモれば4,000オールからだが…

結果は流局。
まるでチーム状況がそうさせているかのように、地獄から遠いドリブンズとABEMASには和了が近いが、地獄の淵の松ヶ瀬と只中の魚谷には月ほど遠い。

魚谷が必死にしがみついている蜘蛛の糸。
それは、すぐさま切れてしまいそうなか細い糸だから、ただただ無心に、慎重に手繰らなくてはならない。

が、それが起こったのは次局であった。

整理したいマンズの孤立群。
しかし、まだ4巡目。場に偏った情報もない。
蜘蛛の糸と試練を一緒に垂らす神様は、蓮池を御覗きになって魚谷の様子を見守っている。

魚谷の選択は打【2マン】
間違えばかなりのロスとなる場面だが、

【8マン】をしっかりと重ねる魚谷。
その感覚たるや、鋭いことこの上ない。

しかし、糸を伝って降りてくる次なる試練は、多井の先行リーチ。

チームの状況を考えれば、なんとかプラスのスコアを持って帰りたい。
それが叶わないのなら、一つでも上の着順を…。
魚谷の心に去来するのは、焦燥に近い「願い」だったか。

そして、魚谷もテンパイ。

しばし場を眺めたのち、意を決してリーチと発した。

この場面のことを、対局後の魚谷は悔恨の情を滲ませて語った。

「多井のリーチは自信があるものと私は確信していた。だから本来なら、自分としてはテンパイすら取らないかもしれない手。ただ、チーム状況としては3着でも満足できない状況だったことからリーチを打った。」

この局面で考えていたこととしてこう前置きをするのだが、

「多井のリーチを高く評価して、あの場面は頭を低くしておくべき。我慢をしなくてはいけなかったなと思う。オーラスに松ヶ瀬との点差を詰めることを考慮すべきだったと…。」

と続けた。

魚谷が述懐するように、「チームの状況」というプレッシャーの魔物は、この日キレッキレに修羅場をくぐった名手・魚谷の判断すら惑わせてしまう。
その恐ろしさ、皆さんにもお分かりいただけるだろうか。

「その焦燥に近い「願い」とやら、「麻雀」には何ら関係のないことではなかったか?」
蓮池を御覗きになった神様は、そう呟いてわずかに怪訝な顔をなさいました。
手繰り寄せた【9ソウ】は多井の当たり牌。
手元でぷつりと音がするや、魚谷は一気に奈落の底へ真っ逆さま。

リーチピンフ一気通貫赤ウラの12,000点の放銃。
受け身も取れずに奈落へ叩きつけられた魚谷。
さぞかし痛恨の極みであっただろう。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀戦術シリーズ新刊/