ASAPIN監修「天鳳位何切る」Q12





開局の七対子聴牌。
ドラのman8-66-90-s-embaka1-66-90-s-emb、どちらの待ちに受ける?
Q12

回答はコチラ





















asapin_151016

ASAPINの回答

man8-66-90-s-embリーチ

開局早々の聴牌なのでフラットな判断ができる場面。
man8-66-90-s-emb単騎のリーチだとツモればハネマンとなりますが、出アガリはほぼ期待できず、アガリ率はかなり低くなります。かと言ってダマにしていればアガリ率が高いかというと、打たれにくい待ちでダマにしながら他家の手を自由に進めることになってしまうため、総合的なアガリ率は高くはなりません。
pin5-66-90-s-emb単騎のリーチで有れば、牌種として出やすい待ちではないものの、自分の河にピンズが多いこともあり、出アガリができる可能性が少しあります。
man8-66-90-s-emb待ちと比べて劇的にアガれるというほどではありませんが、どちらに受けてもアガリ率は高くないため、10%程度でも上乗せされれば安定度の差としては大きいでしょう。
ただし、既に他家の手もまとまってくる巡目。守備的に打つのであれば、man8-66-90-s-emb単騎のダマにし、こぼれを狙いながらリーチが入ったらオリの余地を残すのも安定感がありそうです。

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!
  • キンマwebの人気コンテンツ

    • Mリーグ最新記事が無料で読める - 記事ページ
    • キンマWebオリジナル4コマ漫画

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です