麻雀最強戦2015ファイナルB卓 レポート

2015年12月12日に開催された対局を各卓ごとにレポートします。今回はB卓です。

B卓は全員プロの組み合わせ。木原浩一・鈴木たろう・和泉由希子・瀬戸熊直樹の並びで始まった。
999907406893f00616192bc76dcc1d37b5948d5f

ここでの注目はやはり鈴木たろうである。
5a5551a0763496320a99db24677f0ac71308a4bc

歴代最強位代表決定戦で片山まさゆきに敗れ、サイバーエージェントカップでは鈴木達也に敗れ、近代麻雀プレミアリーグ後期は予選敗退。そして雀王決定戦では木原浩一に惨敗している。過去4年連続で最強戦ファイナルに出場した実力者でも、今年はさすがに無理だったかと思われた。だが、近代麻雀プレミアリーグ後期で達也が優勝したため、規定により達也が近代麻雀プレミアリーグ後期優勝の出場枠でファイナルに出場。サイバーエージェントカップの出場枠は2位のたろうに譲られることになったのだ(サイバーエージェントカップ開催前、達也が両方ともかつ可能性があったため、対局前に規定が設けられた。ただし、サイバーエージェントカップ出場選手には通達されていない。状況によっては優勝を狙わず2位の繰り上げ出場を狙うことを避けるための措置である)。こうして5年連続のファイナル出場を果たしたたろう。その先週ではマカオで行われた世界麻雀大会で準優勝し、400万以上の賞金を獲得してからの最強戦出場である。本人が信じているかどうかは別にして「勢い」というものは間違いなくあるはずだ。

ただ、同卓者にはたろうと同じく5年連続のファイナル出場を果たした瀬戸熊直樹。そして雀王決定戦でたろうの連続優勝を圧勝でストップをかけた木原がいる。そして女流桜花決勝に駒を進めた和泉もここ一番の一撃を決められる打ち手。果たしてどういう展開になるかと注目が集まった。
(このつづきは麻雀最強戦チャンネルでお読みください。)