優勝は荒正義プロ!!【麻雀最強戦2021 男子プロ歴代王者決戦】

荒正義、小林剛との

新旧ロボ対決に、決着!!

6月19日(土)15時より、「麻雀最強戦2021 男子プロ歴代王者決戦」が行われた(司会:小山剛志/アシスタント:中田花奈/実況:日吉辰哉/解説:瀬戸熊直樹/ナビゲーター:梶本琢程)。

その模様はAbema麻雀チャンネルにて生配信され、「精密機械」の異名を取る荒正義プロ(日本プロ麻雀連盟)が優勝した。

荒プロは、

「ドラが寄ってきて、ツイてましたね。小林さんが予選のアガリ方が良かったから、気をつけてはいたんですよ。そしたらいきなり(放銃)でしょ。だからまずいなと(笑)。久しぶりのファイナル(進出で)がんばります」

と語った。視聴者に向けては、

「万難を排してがんばりますので、応援よろしくおねがいします」

と謙虚に述べた。

荒プロには麻雀最強戦2021ファイナルへの出場権、賞金10万円ならびにアース製薬商品の詰め合わせが贈られた。

▲荒プロにはトップ賞ならびにアース製薬商品の詰め合わせが贈られた

本日の対戦は麻雀最強戦2021の第6戦目。

<Abema>
日本で一番麻雀が強い奴は、誰だ!それを決めるのが麻雀最強戦です。今回は、過去に最強戦のファイナルに進出した経験のある猛者たちの戦いです。
最強位を獲得した経験を持つ、土田、荒、沢崎、金、鈴木の5名は二度目の戴冠を目指す。それに対して阿部、藤崎、小林の3名はまずはファイナルに進み最強位への道を一歩踏み出したい。歴戦の猛者が集う大会、果たして今年ファイナルに進むのは誰だ?

対局メンバーは次の8名。

【A卓】 荒正義 阿部孝則 土田浩翔 藤崎智
【B卓】 小林剛 沢崎誠 金太賢 鈴木たろう

A卓からは藤崎・荒、B卓からは小林・鈴木が勝ち上がった。

▲A卓1位 藤崎智プロ

▲A卓2位 荒正義プロ


▲B卓1位 小林剛プロ


▲B卓2位 鈴木たろうプロ

決勝は藤崎・小林・鈴木・荒の並びでスタート。

東1局、ドラは【1ソウ】。小林が2フーロして、タンヤオの1000点を荒から出アガリ。静かな立ち上がりで決勝の幕が上がった。

東2局、ドラ【發】【中】を仕掛けた荒が、リーチの鈴木からホンイツの3900点を討ち取り。

東3局、ドラは【6ピン】。荒・鈴木・小林の三者の仕掛け合戦となり、結果は小林が【中】のみの1300点を荒から討ち取り。

小さな点棒移動で局が進む。

東4局、ドラ【6ピン】。8巡目に、親番荒の【4ソウ】【7ソウ】待ちリーチVS小林の【2ソウ】【5ソウ】【8ソウ】待ち同巡追っかけリーチ対決が発生。荒が【8ソウ】を掴んでリーチ・ウラ3の8000点の放銃。僥倖のウラ3で、トップ目が小林に移って折り返す。

南1局、ドラ【9ピン】。荒が7巡目、1手変わりジュンチャンのテンパイを【1ピン】【4ピン】待ちのノベタンで即リーチしてツモアガリ。【1ピン】なら123サンショクだったが、安め【4ピン】ツモ。ドラ1・ウラ1の2000・4000で前局の失点を回復する。

南2局、ドラ【5マン】。荒が【發】の2鳴きでカン【6ピン】待ちテンパイしたところに、親の小林がリーチで被せて荒から討ち取り。リーチ・ドラ1の3900点。小林がリードを広げる。

同1本場、ドラ【1マン】。鈴木が2巡目にダブ【南】を鳴いて、強引にドラ色に染める。そこに荒が7巡目にドラを雀頭にしたピンフでリーチ。【4ピン】【7ピン】待ちの【7ピン】をツモってウラが1枚。3000・6000で荒が再びトップに返り咲く。

南3局、ドラは【4ソウ】。親の鈴木が9巡目に【3ピン】をポンして、トイトイに向かう。11巡目にドラアンコの荒がカン【7ピン】をチー。そして荒から出た【南】を鈴木が鳴いて、両者ともにイーシャンテン。

次巡に荒が【7マン】を4枚使った【5マン】【8マン】待ちでテンパイ。さらに次巡、鈴木が【東】【6マン】のシャンポン待ちでテンパイ。

そして同巡、ここまで忍んでいた藤崎がメンホン・【發】【1ソウ】【4ソウ】待ちテンパイを入れて、即リーチ!

三軒テンパイに挟まれた小林は、ただ一人イーシャンテン。孤立している【8マン】は鈴木と藤崎に通っている牌。小林が【8マン】に手をかけて、荒が手牌を倒す。タンヤオ・ドラ3を、2着目の小林から直撃。荒が大差をつけてオーラスへ。

 南4局、ドラは【2ソウ】。2着目の小林がバイマンツモ条件。藤崎・鈴木は三倍満以上のツモアガリが必要という苦しい条件。荒以外の各家は、条件を満たすテンパイを入れることができず、荒が手を伏せ流局して試合終了となった。

荒正義が、男子プロ歴代王者決戦を制し、ファイナルへのチケットを手にすることになった。

▲決め手となったタンヤオ・ドラ3

最終結果

藤崎    16,900
小林    23,100
鈴木    15,000
荒     45,000

次回の麻雀最強戦2021は7月10日(土)に行われる「女流プロMの城壁」

出場メンバーは次の通り。

【A卓】宮内こずえ 瑞原明奈 高宮まり 丸山奏子
【B卓】仲田加南 日向藍子 和久津晶 茅森早香

麻雀最強戦2021 男子プロ歴代王者決戦 ご視聴はコチラ
↑こんな面白い対局は見た方がいいですよ!!

(※文中敬称略)

公式サイト ⇒ 麻雀最強戦2021

近代麻雀戦術シリーズ新刊情報

麻雀無敗の手筋
著:多井隆晴

Amazonはこちら

近代麻雀戦術シリーズ既刊情報

仕事が麻雀で麻雀が仕事
著:藤田晋

Amazonはこちら

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!