石橋伸洋、これ以上ないパーフェクトゲーム!! 土壇場の首位浮上で最終戦に臨む!!

石橋伸洋、

これ以上ないパーフェクトゲーム!!

土壇場の首位浮上で

最終戦に臨む!!

プロ麻雀リーグ「Mリーグ2019 朝日新聞ファイナルシリーズ最終日」の第1戦は、石橋伸洋U-NEXT Pirates)がトップを獲得。東場の親番でマンガンをツモった石橋が終始リード。石橋は要所でトータルトップのフェニックス近藤から直撃を討ち取り、最高の並びでトップをもぎ取った。これでパイレーツは首位に浮上して最終戦に臨むことになった。

1回戦の対局者は、KADOKAWAサクラナイツ内川幸太郎渋谷ABEMAS白鳥翔セガサミーフェニックス近藤誠一、そして石橋。

開局は西家の白鳥がリーチ・ツモ・ピンフ・赤1の1300・2600ツモで、ABEMASリードでスタート。

続く東2局、親の石橋がカンをチー。さらにをポンしてダブのシャンポン待ちテンパイ。しかしアガれるのはだけだが… 石橋をツモアガリ! ドラ1・赤1の4000オールで石橋がトップに立つ。

東3局は、石橋と近藤のリーチ合戦。結果は、またも石橋のツモアガリ! タンヤオの1300・2600でリードを広げる。

南1局1本場の近藤の親番。近藤が白鳥のリーチの現物のを切ると、石橋から「ロン」の声。ピンフ・ドラ1赤1の3900で、近藤の親が落ちる。

南3局、親の白鳥がリーチをかける。それに対して近藤が現物のを切ると、またしても石橋の「ロン」がかかる。ピンフ・ドラ1・赤1の3900。

石橋は点棒を5万点に乗せて盤石のトップ。オーラス1本場も、内川からチートイツのみの1600点をアガって、2位にサクラナイツ・3位にABEMASと、パイレーツにとって最高の並びで試合を終えた。

これでパイレーツは首位浮上。しかしフェニックスとは8.0ポイント差。最終戦は着順勝負、ABEMASはトッププラス2位以下との素点条件勝負となった。

勝利者インタビューで石橋は、
「残り2戦でかなり厳しい条件だったんで、まずは第一関門突破というところで。たぶん次もトップ条件みたいなもんだと思うんで、次にいい形でバトンを渡せたのは良かったです。あとは小林さん、絶対優勝します! とは言わないタイプなんですけど、絶対、優勝しましょう! お願いします!
と2戦目の小林選手にエールを送った。

【Result】
1着 石橋伸洋・パイレーツ 5万4800点/+74.8
2着 内川幸太郎サクラナイツ 2万1500点/+1.5
3着 白鳥翔・ABEMAS 2万1100点/▲18.9
4着 近藤誠一・フェニックス 2600点/▲57.4

【Total】
1位 U-NEXT Pirates +183.5(11/12)
2位 セガサミーフェニックス +175.5(11/12)
3位 渋谷ABEMAS +127.9(11/12)
4位 KADOKAWAサクラナイツ ▲228.2(11/12)
5位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲65.0
6位 TEAM雷電 ▲86.8
7位 赤坂ドリブンズ
8位 EX風林火山

「Mリーグ2019 朝日新聞ファイナルシリーズ最終日&表彰式」

KADOKAWAサクラナイツvsセガサミーフェニックスvs渋谷ABEMASvsU-NEXT Pirates

2019ファイナルシリーズは、セミファイナルシリーズを勝ち抜いた
KADOKAWAサクラナイツ
セガサミーフェニックス
渋谷ABEMAS
UーNEXTパイレーツ
による直接対決!

セミファイナルシリーズのスコアを半分持ち越し4チームによる計12戦を行い、優勝チームが決定します。

キャスト

KADOKAWAサクラナイツ
セガサミーフェニックス
渋谷ABEMAS
U-NEXT Pirates
実況:日吉辰哉
解説:土田浩翔
レポーター:松本圭世

(C) M.LEAGUE
Mリーグ2019 朝日新聞ファイナルシリーズ最終日&表彰式

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!