麻雀最強戦2015ファイナルC卓 レポート

2015年12月12日に開催された対局を各卓ごとにレポートします。今回はC卓です。

C卓は所属団体・性別・世代が全て異なる組み合わせ。魚谷侑末・近藤誠一・江崎文郎・片山まさゆきの並びで始まった。
8903939da6da4d76a936609077432fb5020a052e

この卓の注目雀士は、先日最高位を獲得した近藤である。タイトル獲得もそうだが、その勝ちっぷり、そして「負ける気がしない」という自信あふれるコメントである。独特と言われる押し退きをどこで見せるのだろうか?

東1局は親の魚谷がドラのpai_s_haku.jpgをトイツにしたバック仕掛けで主導権を握るも魚谷1人テンパイで流局。その1本場もドラが役牌のpai_s_ton.jpg。お互いに警戒しつつの構えを取り、重い場となって近藤の1人テンパイで流局した。

この対局、初アガリを決めたのは江崎だった。
20604f81163335e3098bd749eecca474aef5a709

b7c672314f62766f20c45111665a1bb99d750cac

魚谷との2軒リーチに競り勝ってのアガリ。このアガリをきっかけに、江崎は親で爆発したいところ。全日本プロ代表決定戦では親の連荘が優勝の決め手になっているだけに、次の親は何かが起こりそうだった。

(このつづきは麻雀最強戦チャンネルでお読みください。)