ASAPIN監修「天鳳位何切る」Q13





ドラポンと親のリーチに挟まれた場面。
安全牌はman2-66-90-s-embpin8-66-90-s-emb、2種類あるが、この場面で切るべき牌は?Q13

回答はコチラ





















asapin_151016

ASAPINの回答

man2-66-90-s-emb

リーチの現物のうち1枚は下家に鳴かれる可能性のあるman2-66-90-s-emb
もう1枚はほぼ鳴かれる可能性のないpin8-66-90-s-embです。
下家の仕掛けが高いということでman2-66-90-s-embを止め、pin8-66-90-s-embを切る方もいるのではないでしょうか?
ですが、ここはやはり打man2-66-90-s-embとすべきです。次の巡目にはman2-66-90-s-embが切れなくなってしまう可能性もありますし、下家が満貫とはいえ対門の親リーチがそれより安いとは限りません。下家のアガリを阻止しようとするあまり親に4000オールなどをツモられては本末転倒。
また、下家にテンパイを入れられることは決して悪いことではなく、親とのめくり合いにさせることで横移動による無傷の決着を期待することもできます。
とりわけ天鳳ではどちらかの放銃で終われば儲け物。場を汚さないなどとは考えずに堂々とman2-66-90-s-embを河に置いて戦争を誘発しましょう。

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!
  • キンマwebの人気コンテンツ

    • Mリーグ最新記事が無料で読める - 記事ページ
    • キンマWebオリジナル4コマ漫画

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です