麻雀最強戦2015ファイナルD卓 レポート

2015年12月12日に開催された対局を各卓ごとにレポートします。今回はD卓です。

D卓はいよいよ現最強位が登場する。柴田吉和・鈴木達也・藤田晋・高橋凌の並びで始まった。
e6d7639ec45f8148465e79a1b68a79c9676c5abd

注目雀士はもちろん最強位・藤田。今年も1週間前に麻雀プロをはじめとする猛者に声をかけて麻雀合宿を行った。昨年はこれが実を結んで最強位を獲得したが、果たして今年はどうか?

相手筆頭はもちろん鈴木達也。近代麻雀プレミアリーグでは前期・後期ともに決勝進出を果たし、後期は見事優勝。また、サイバーエージェントカップでも優勝し、現在最も勢いに乗っている打ち手である。視聴者のトップ予想も達也・藤田の2人で85%を超えた。

東1局、藤田がドラのpai_s_9s.jpgをトイツのチャンス手を手にしていたが、なかなか手が進まないまま他の3人のぶつかり合いとなった。

まずリーチをかけたのが南家の達也だ。
4c0c12723ed2239b015db59d84e65bd204e14253

852891435344c5cbdb6fa6f7860044e72d176917

自風のpai_s_nan.jpgを暗刻にし三暗刻を狙っていた達也だが、ドラ受けのテンパイになったところでリーチをかけた。

続いて、現・十段位の柴田が追いついた。
f3e34d8301c145033105c3a0561e7c15bcee10b0

0c9037b7d3087b2d5ab0dae37a8d9149be8ca438

高い手ではないが申し分ない待ち。苦しい部分を埋めてのテンパイだけに、感触としては悪くない。

そしてアマ最強位の高橋もチートイツで追いついた。
b4cd59ad3dcea7ec27dcb54e59dd886590dcc6d0

45f2aaf449deb07c4aba5becd1bffd683a2f69b7

(このつづきは麻雀最強戦チャンネルでお読みください。)