麻雀最強戦2015ファイナル決勝卓 レポート

2015年12月12日に開催された対局を各卓ごとにレポートします。今回は決勝卓です。

いよいよ決勝戦。鈴木たろう・前田直哉・柴田吉和・近藤誠一の並びで始まった。
0eed15969172a05c78c796b31bbd8bd58f4b73e8優勝予想は最強戦常連のたろうが1位(36.2%)で、これはある意味当然の結果だが、2位の近藤がそれに肉薄する数字(32.7%)。要因はやはり今年の最高位決定戦の勝ちっぷりを見て投票した人が多かったからだろう。東1局は前田が高め234の三色のフリテンリーチを敢行するが、これはツモれずに流局。続く東2局1本場。ドラはpai_s_3m.jpg。親の前田が好配牌を手にする。
a9ac66d33eb70e5ac707b6185ed6a09924278971218c765cc7cd0d36c08c5dd606f5510197d2e3c8

一方、北家のたろうの手にピンズが次々と押し寄せ、染め手に向かう。
13f5078d993fb32d5f624d247d973fd7d6657ecc

5巡目にpai_s_9p.jpgをチーして残った形がこれ。連続形が維持されていて決まりやすい形だ。
d966f3dcb724bf869c4315bf903897ec393931ce

たろうはさらにpai_s_3p.jpgポンをしイーシャンテン。そしてpai_s_haku.jpgを重ね、ホンイツのみではあるがテンパイ一番乗りを果たす。

北家・たろうの手牌 pai_s_4p.jpgpai_s_5p.jpgpai_s_6p.jpgpai_s_7p.jpgpai_s_8p.jpgpai_s_haku.jpgpai_s_haku.jpg pai_s_3p.jpgpai_r_3p.jpgpai_s_3p.jpg pai_r_9p.jpgpai_s_7p.jpgpai_s_8p.jpg ドラpai_s_3m.jpg

さらに、西家・近藤にもテンパイが入る。
1349e60e8d8a50781bc67b9dff48b07b84f0b138

08df3367d57433465b5f13e9cb4c6c62d1680882

ドラ1ある近藤はション牌のpai_s_nan.jpg単騎リーチをかけた。pai_s_nan.jpgは場には出ておらず、柴田の手に1枚あるだけ。

(このつづきは麻雀最強戦チャンネルでお読みください。)