近代麻雀プレミアリーグ後期決勝第1戦レポート

2015年8月から最強戦CHで配信されている「近代麻雀プレミアリーグ後期」の各節レポート

後期より月1回で2節を一気に生放送するシステムに変更した近代麻雀プレミアリーグ。今回の出場選手は前期から連続出場となる小林剛・鈴木達也・藤田晋・佐々木寿人、さらに後期より出場の村上淳滝沢和典鈴木たろう和久津晶の8名となった。

決勝2戦の対局・解説はアメーバスタジオの1階で行われた。沿道を歩く人の中には「何をやっているんだろう?」と一瞬足を止める人もいた。
imageimageそんな中始まった決勝1戦めは起家から和久津・寿人・小林・達也の並びでスタートした。
image

imageまず飛び出したのが達也でる。

imageトイツ3組の配牌からチートイツに寄せ、6巡目にテンパイ。通常なら1枚切れのji2-66-90-s-embで待つところだが、達也はこのman3-66-90-s-embを状況的に良いと判断し、man3-66-90-s-emb待ちでのリーチを敢行。捨て牌はマンズをばらまいていて、かつ寿人・和久津の手にman3-66-90-s-embがない可能性も十分ある。

実際には和久津の手にman3-66-90-s-embはあった。

(※この続きは麻雀最強戦チャンネルでお読みください。)

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です