浜田ブリトニー「パネェ!麻雀部」に魚谷侑未プロ登場!!





1月21日に配信された、浜田ブリトニーの「パネェ!麻雀部」にゲストとして日本プロ麻雀連盟の魚谷侑未プロが登場した。
0122_bri_03この日、魚谷プロは「夕刊フジ杯」とのダブルヘッダーで、対局を終え急ぎ新宿の会場である「オカオカハウス」にやってきた多忙ぶり。

この日の対局は、サイコロの目によって”芸人牌”の枚数が決まるという特殊ルール。

※芸人牌はドラ2枚扱い。リーチ後一発目のツモに限りオールマイティーというインフレ牌。

サイコロの目は6ということで、6枚の芸人牌に加えて通常の赤牌も3枚入りという超インフレルールでスタートした。0122_bri_06satoshi仮面・魚谷プロ・沖ヒカル・シャチ仮面の座順。沖さんが仕掛けて、

man1-66-90-s-embman1-66-90-s-embman9-66-90-s-embman9-66-90-s-embpin1-66-90-s-embpin2-66-90-s-embpin3-66-90-s-emb アンカンji4-66-90-s-embji4-66-90-s-embji4-66-90-s-embji4-66-90-s-emb ポンji6-66-90-s-embji6-66-90-s-embji6-66-90-s-emb ドラman5-66-90-s-embsou1-66-90-s-emb

man1-66-90-s-embman9-66-90-s-embのシャンポン待ちテンパイ。

これに魚谷プロが、satoshi仮面にpin7-66-90-s-embをアンカンされた直後にテンパイ。

man1-66-90-s-embman1-66-90-s-embman5-66-90-s-embman7-66-90-s-embman9-66-90-s-embpin5-66-90-s-embpin6-66-90-s-emb ツモpin4-66-90-s-emb ポンji7-66-90-s-embji7-66-90-s-embji7-66-90-s-emb ポンman2-66-90-s-embman2-66-90-s-embman2-66-90-s-emb  ドラman5-66-90-s-embsou1-66-90-s-embji2-66-90-s-emb

ここからのman9-66-90-s-emb切りで、沖さんに3900点の放銃となった。

0122_bri_05

開局こそ3900というおとなしいアガリ点数だったが、芸人牌が1枚でドラ2枚分とあってその後はマンガン・ハネマン・バイマンという大荒れの展開となった。
南2局には魚谷プロが、トイトイにとらない手順で見事なアガリを決めた。

sou1-66-90-s-embsou1-66-90-s-embsou1-66-90-s-embsou3-66-90-s-embsou3-66-90-s-embpin2-66-90-s-embpin3-66-90-s-embji5-66-90-s-embji5-66-90-s-embji5-66-90-s-emb(發の1枚は芸人牌) ツモpin1-66-90-s-emb ポンsou2-66-90-s-embsou2-66-90-s-embsou2-66-90-s-emb ドラji1-66-90-s-emb 0122_bri_04

オーラスは沖さんがsatoshi仮面との熾烈な3着争いを制し、勝敗は決した。

1位:シャチ仮面  40,800
2位:魚谷プロ  27,400
3位:沖ヒカル  23,800
4位:satoshi仮面 8,000

番組の後半は、浜田ブリトニーさんが卓に座り、解説席から魚谷プロがアドバイスする企画「浜田ブリトニー改造計画」となったのだが、沖さんが魚谷プロを質問攻めにし、気をとられたブリトニーさんがアガリ牌を見逃してしまうというハプニングが発生!
0122_bri_020122_bri_01

とはいえ、前回よりも着実に進歩している姿を見せたブリトニーさんでした。

最高位を取る日も近い!?

番組の模様はタイムシフトで視聴可能だ(1月27日まで)
タイムシフトはコチラ。⇒ http://live.nicovideo.jp/watch/lv246998842

関連記事
浜田ブリトニー「パネェ!麻雀部」にバビィ登場! その結果とんでもないことに…!
石井一馬プロが「パネェ!麻雀部」であわや大逆転劇!?
藤田晋最強位VS沖ヒカル、その軍配は!? 「押念!浜鰤麻雀部」