死んでいたはずの “麻雀攻めダルマ” 佐々木寿人が目覚めた夜【熱論!Mリーグ】

 

ドラのが2枚になり一気に勝負手へ。

ここはを切っていく。

捨て牌からのポンは期待できそうにない。

を雀頭にしてのリーチを目指していく。

さあアガるのは誰だ?赤赤三色魚谷か?ドラドラ松本か?はたまた国士無双村上か??

決着の時

放銃したのは・・・

 

この牌は・・・

ということは?

出たのか?国士無双??

アガったのは・・・

 

村上!

ではなく、なんと佐々木寿人!!!

イーシャンテンこそ3者に後れを取ったが、立て続けに有効牌を引き、テンパイは一番乗り。

テンパイしてすぐに松本から当たり牌のがこぼれた。

松本にとっては痛い痛い放銃。

ただ二人が国士模様で、自身もドラドラの勝負手。

この放銃は責められないだろう。

そもそも寿人の配牌を思い出してほしい。

 

 

十分メンツ手も見える形。を切ってもおかしくはない。

遠くにしっかり役満を見据え、テンパイ気配を出さずに打ちきった寿人を褒めたい。

松本はこの後5200をアガって追いすがるが、それ以上のドラマは起こらずにゲームセット。

麻雀格闘倶楽部佐々木寿人が劇的な国士無双で魚谷とのデッドヒートを制し、待望の初トップを獲得した。

 

 

2回戦 

1回戦待望の初トップの寿人、2着ながら役満にまくられたのではしょうがない魚谷は連投。

ほぼ貯金を吐き出したドリブンズは村上→園田。役満放銃で大きくポイントを減らした首位アベマズは松本→白鳥へ選手を変更してきた。

ドリブンズは苦しい展開が続いているが、園田個人は好調。巻き返しに期待したい。

一方首位アベマズはインタビューでもたびたび「ラスを引かないように」と語る白鳥を投入。手堅く首位キープとなるか。

 

1

まずは園田

 

はやくもくっつきのイーシャンテンで何切る??

普通は、三色見てといったところだろう。

ところが園田は!!

これには解説の滝沢も困惑気味だったが、おそらく

が4枚切れ

234三色はみたい

が重なった時のシャンポンリーチが強い

 

ということだろう。

解説では「メンタンピンになった時に裏ドラ1枚あればツモってハネマンになるので」とのことだったが、今回は4枚切れなのであてはまらない。

面白いとは思うが、引きはハネマンまで見えるし、枚数的にロスが大きい。

ちょっと考えすぎな1打に見えた。

結果はすぐにを引いてリーチ!

しかしこれは流局。

ここからアガりが続く。

東2局 寿人 1000/2000

東3局 園田 400/700

 

  • Twitterで”毎日”麻雀情報を発信中!
  • 1 個のコメント