死んでいたはずの “麻雀攻めダルマ” 佐々木寿人が目覚めた夜【熱論!Mリーグ】

まさに針の穴を通すアガりで魚谷を交わしトップ目に。

これはきっかけになるか?

続く2本場、早々に仕掛けてドラドラのテンパイ。

これは寿人の時代が来たかと思いきや、魚谷が3000/6000

親被りでかなり離されてしまう。

寿人の時代はまだ来ない。

 

3

前局ハネマンをあがった魚谷、寿人を突き放すべく快調にリーチ。

 

赤こそ使い切れなかったが、打点、待ち共に申し分ないリーチ。

これは決まってしまうか?

 しかし寿人も追いつく

トップ目直撃の大チャンス!!

ここは当然リーチ・・・

せず。

寿人といえど何でもリーチするわけではないのだ。

 

を引けば自分の手がドラと三色で3ハン高くなる

 

魚谷が切りリーチでが危ない。では放銃したくない

 

ということだろう。

点差はまだまだあるのでピンフのみのリーチでは不満だということもあるだろう。

結果は魚谷のリーチを交わす大きな1000点の出アガり

魚谷独走に待ったをかける。

妥当なリーチ判断に見えるが、どうしてもトップが欲しい寿人。

前のめりにリーチしてしまってもおかしくはなかったと思う。

冷静さが光った1局だった。

 

1

前局リーチを寿人にかわされてしまった魚谷

配牌は・・・

 

好配牌!

さらに4巡目にを引き入れ三色まで見えるイーシャンテン。

さきほどの1000点放銃をものともしない素晴らしい手。

これは決まったか。

 対する寿人の配牌

バラバラだが一応マンズのホンイツを見ながら、あまり目立たないようから切っていく。

しかし魚谷との格差は歴然。

このまま決められてしまうのか??

ツモ切りを続ける魚谷を横目に追いついたのがこの二人

まずは松本

 

イーペーコー含みのイーシャンテン。

ドラのはまだ切らずを切っていく。

この手をアガれば2着、トップも見えてくる。

さらに同巡村上

 

?!

バラバラ・・・

ではない。正真正銘のイーシャンテン。

泣く子も黙る国士無双イーシャンテンだ。

またこの切りがいい味を出している。国士狙いなら真っ先に切られているはずなので、周りから見れば、一応普通の手かもしれないと思い、少し警戒が薄まる。

欲しいは山にまだある。

Mリーグ初役満出るか?

さらに2巡後、松本の手がグレードアップ

この記事のタイトルとURLをコピーする

ツイッターでも毎日情報を発信中!