強すぎるぞ近藤誠一!! 「最低でも10万点」があわやの成就!? 7位パイレーツと大接戦に!!

強すぎるぞ近藤誠一!!

「最低でも10万点」が、

あわやの成就!?

7位パイレーツと大接戦に!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2020」の開幕56日目、第1戦は近藤誠一セガサミーフェニックス)が、トップを獲得。全21局という長丁場となった第1試合。東場で8万点オーバーを稼いだ近藤が、佐々木の猛攻に点棒を削られるも余裕のトップで4勝目。7位パイレーツとほぼ横並びとなる価値ある1勝を手にした。

第1戦の対局者は、KONAMI麻雀格闘倶楽部佐々木寿人、U−NEXT Pirates・瑞原明奈赤坂ドリブンズ鈴木たろう、そして近藤の4名。

東1局、鈴木と佐々木のリーチに追いかけようとした近藤が、鈴木に一発放銃。タンヤオ・赤1のマンガン。近藤は8000点のビハインドからのスタートとなる。

しかし次局、親番を迎えた近藤が開眼。リーチ・一発・ツモ・ピンフ・ウラ1の4000オールをアガると、同1本場には、リーチ合戦の末、佐々木からドラ1の3900点を直撃。

2本場は、単騎でリーチをかけた佐々木を追いかけて高めのダブを一発で討ち取り。サンショク・ドラ1・赤3の24000点!

さらに4本場、またも佐々木のリーチに追いかけて一発ツモ、そしてウラ3の6000オール!

近藤は東場を終えて8万点オーバーの大トップ。佐々木はマイナス2万点の断ラス。

さすがに近藤のトップ、佐々木のラスは動かないかと思いきや、ここから佐々木がハコ下2万点から大復活をとげる。

南場に入って佐々木は近藤から12000点、瑞原から12000点を直撃してハコ上に浮上。

さらに南3局2本場、ポン、ドラのを大明槓、を加カン。すると新ドラが。新ドラのを見事ツモアガって、ドラ9の8000オール!

佐々木の猛攻の末、トップ近藤・2着佐々木で試合終了となった。

近藤はインタビューで、

「激しかったですね。トップを取っておいてこんな言い方はどうかと思いますが、こんなに残念なトップはなかなかないんじゃないですかね。8万点から3万点減ってますからね。チーム状況からどうしてもトップがほしい場面でしたから、よかったんじゃないでしょうか」

と語った。

【Result】
1着 近藤誠一・フェニックス 5万3600点/+73.6
2着 佐々木寿人麻雀格闘倶楽部 3万4500点/+14.5
3着 鈴木たろう・ドリブンズ 6000点/▲34.0
4着 瑞原明奈・パイレーツ 5900点/▲54.1

【Total】
1位 渋谷ABEMAS +426.7(56/90)
2位 EX風林火山 +226.8(56/90)
3位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 33.6(55/90)
4位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲31.3(56/90)
5位 KADOKAWAサクラナイツ ▲42.6(56/90)
6位 赤坂ドリブンズ ▲87.5(55/90)
7位 U-NEXT Pirates ▲257.5(55/90)
8位 セガサミーフェニックス ▲268.2(55/90)

「大和証券Mリーグ2020 麻雀格闘倶楽部vsPirates vsフェニックスvsドリブンズ」

詳細情報
KONAMI 麻雀格闘倶楽部vsU-NEXT Pirates vsセガサミーフェニックスvs赤坂ドリブンズ

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2020」
1月12日の対戦はKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsU-NEXT Pirates vsセガサミーフェニックスvs赤坂ドリブンズ

■オフショット
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s40

■対局舞台裏
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s35

キャスト

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!