トップが欲しい二階堂亜樹とラスを回避したい堀慎吾、 それぞれの思惑がぶつかったオーラスの行方【Mリーグ2021観戦記4/5】担当記者:江嵜晋之介

トップが欲しい二階堂亜樹
ラスを回避したい堀慎吾
それぞれの思惑がぶつかった
オーラスの行方

文・江嵜晋之介【火曜担当ライター】2022年4月5日

セミファイナルも佳境に差し掛かった。
全チーム残り試合数は4回。長かった2021シーズンもいよいよファイナル出場チームが決定する。

4月5日第2試合はそれぞれチームの思惑が複雑に絡み合った展開となった。

第2回戦

東家:堀慎吾(KADOKAWAサクラナイツ)
南家:二階堂亜樹(EX風林火山)
西家:高宮まり(KONAMI麻雀格闘倶楽部)
北家:東城りお(セガサミーフェニックス)

東1局は流局となり東2局1本場、東城が4巡目に先制リーチをかける。

【1マン】で三色になる大物手。自身の捨て牌に【3マン】【2マン】と並べているので【1マン】の出アガりも期待できそう。
このリーチがなんと山に7枚生きていたのだが、全て他家に流れてしまい流局。

次々に引いてくる当たり牌を止め切った堀・高宮が見事だった一局だが、親番亜樹の形式テンパイも非常に印象的だった。

亜樹はこの手牌から上家堀が切った【6ソウ】をチーして無筋の【2ピン】を押す。

【9ピン】をカンして最終手番でテンパイを入れることに成功する。

守備派の亜樹なら、普段はチーせずに【6ソウ】を中抜いてオリていたかのように思われる。親番で加点してなんとしてもトップを持ち帰りたいという意思が垣間見られた一局だった。

続く3本場も流局となり、全員が25,000点を下回っているというとても珍しい状態に。

そんな重々しい展開を打ち破ったのは、セミファイナル2回目の登板となる東城。

先制リーチからあっさりと【赤5マン】を一発ツモ。
満貫+供託3本を手に入れ一気にトップ目に立つ。

そして続く東4局はドラの【白】を配牌から暗刻にしていた堀が早い巡目にテンパイを入れ亜樹から満貫を出アガる。

放銃に回ってしまった亜樹はキツい。
1回戦目に勝又が3着だったため残り3試合で100ポイント差をまくる必要があり、ここでのラスはなんとしても避けたい。

南場に入ってからも、再び重い展開が続いた。
南1局、親番の堀が三面張のリーチをかけるも流局。

続いて満貫確定の両面リーチを打つもまたしても流局。

立て続けに勝負手が空振る。東場同様に、勝負手を他家が躱しつつ、あと一枚が引けない展開が続く。
すると南1局3本場、これまでアガりがなかった高宮がドラの【白】単騎でリーチをかけツモ。満貫をアガりトップ争いに参加する。

1人置いていかれた亜樹は南2局最後の親番、タンヤオドラ3のテンパイを入れるも…。

再び流局。
続く南2局1本場では三色が確定した高打点のリーチをかけるも…。

これもまた流局。
今日はアガりがとくかく遠い。テンパイまではたどり着き当たり牌も山に生きているのにどうしてもツモることができない。

そして2本場、トップ目の東城に軽い手が入り亜樹の勝負の親番はあっさりと流されてしまう。

\近代麻雀の新刊・好評発売中!/
  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!