東城りお、値千金の逃げ切りトップ!! フェニックス、ボーダー上で残り2戦を迎える!!

東城りお、

値千金の逃げ切りトップ!!

フェニックス、ボーダー上で

残り2戦を迎える!!

プロ麻雀リーグ「朝日新聞Mリーグ2021セミファイナルシリーズ」の10日目、第2戦は東城りおセガサミーフェニックス)が、トップを獲得。堀・高宮そして東城との接戦となった第2試合は、東城が逃げ切ってセミファイナル1勝目をつかんだ。

第2戦の対局者は、EX風林火山二階堂亜樹KADOKAWAサクラナイツ堀慎吾KONAMI麻雀格闘倶楽部高宮まり、そして東城の4名。

3局連続流局で迎えた東3局3本場、東城が5巡目にリーチ。赤1の【5マン】【8マン】待ちで【赤5マン】を一発ツモ。2000・4000で、東城が初アガリをものにする。

東4局、南家の堀がドラの【白】をアンコで隠し持ち、二階堂から8000点を直撃。

その後、堀が親番をテンパイ流局で粘って東城を微差でかわしてトップ目に立つ。

南1局2本場には、高宮がドラの【白】単騎待ちをリーチ・ツモ。ウラ1の2000・4000で、堀・高宮・東城が横一線にならぶ。

南2局2本場、東城が【白】・赤1の2000点を堀からアガってふたたびトップ目に立ち、オーラスを迎える。

ハネマンツモでトップまで総まくりの二階堂が、メンホン・イーペーコーのペン【7ソウ】待ちでリーチをかけるが、積もることができず、流局で試合終了。東城が逃げ切ってフェニックスにトップを持ち帰った。

東城はインタビューで、

「本当に何度も嗚咽を我慢して、ずっと泣きそうでした。今日、2着・トップで加点できたので残りは大将とお母さんに任せたいと思います(笑)。今日セガサミーフェニックスはPVをやっていて、たぶんきっと会場は盛り上がってと思います。この状況でトップを取れたことがうれしいです」

と語った。

【Result】
1着 東城りお・フェニックス 3万3400点/+53.4
2着 高宮まり麻雀格闘倶楽部 2万3800点/+3.8
3着 堀慎吾サクラナイツ 2万1800点/▲18.2
4着 二階堂亜樹・風林火山 2万1000点/▲39.0

【Total】
1位 KADOKAWAサクラナイツ +221.0(14/16)
2位 渋谷ABEMAS +199.1(12/16)
3位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +192.1(14/16)
4位 セガサミーフェニックス +132.4(14/16)
5位 U-NEXT Pirates +74.8(12/16)
6位 EX風林火山 ▲69.4(14/16)

朝日新聞Mリーグ2021-22 セミファイナルシリーズ10日目

詳細情報
EX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsセガサミーフェニックス

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「朝日新聞Mリーグ2021-22 セミファイナルシリーズ」
4月5日の対戦はEX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsセガサミーフェニックス

キャスト

EX風林火山
KADOKAWAサクラナイツ
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
セガサミーフェニックス
実況:小林未沙
解説:土田浩翔
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

朝日新聞Mリーグ2021-22 セミファイナルシリーズ10日目

\近代麻雀の新刊・好評発売中!/
  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!