激動のゲーム展開 逃げる松本に追いついたのはまたもやあの男… 【Mリーグ2021観戦記 11/8】担当記者:危険な鬼太郎

激動のゲーム展開

逃げる松本に

追いついたのは

またもやあの男… 

文・危険な鬼太郎【月曜担当ライター】2021年11月8日

最近、ますます寒くなって来ているが気候とは逆にMリーグは燃え上がりまくっている。

順位やポイントが大きく動くと盛り上がるのはもちろんの事だが、選手の打牌や息遣い一つでも観ているこちらの心もついつい熱くなってしまう。

この寒い季節を吹き飛ばす楽しさがMリーグにはあるのだ。

【2回戦】

東1局1本場 親・萩原 ドラ【8マン】

勝又が赤赤の役無しの聴牌をヤミテンに構える。

【2ピン】としてのカン【7ソウ】の役無し。聴牌を外すほど悪い待ちではないが、逆にリーチするほどこのカン【7ソウ】が良いわけ待ちではない。

ヤミテンのまま【7ソウ】をツモっても1300-2600点とそこそこの打点があるので、リャンメンに変化するまでリーチは自重か。

するとすぐに親の萩原の先制リーチが入る。

絶好のペン【7マン】を引き入れてリーチピンフドラの【5ソウ】【8ソウ】待ち。こうなればヤミテンにしていた勝又もダマってはいられない。

ツモ切りリーチへと踏み出る勝又。リーチをせずにヤミテンにして萩原からツモ切られる【7ソウ】をロン出来ないのは緩手になってしまう。

そして見事に【7ソウ】をツモアガる勝又。

リーチツモ赤赤の2000-4000のアガリ。絶好の滑り出しだ。

東2局 親・松本 ドラ【3ソウ】

序盤に【赤5ピン】を切って七対子とメンツ手の両天秤を狙っていたドラドラの親も松本が長考。

七対子に行くか? それともメンツ手にするかの最後の分岐点。ドラドラとは言え【北】が2枚切れで、なおかつ二度受けになる【2ソウ】【5ソウ】待ちも良い待ちか悪い待ちなのかまるで分からない。

ならば打【4ピン】として七対子に決めるか? と思いきや…

松本はここで打【8ピン】。七対子を完全に見切る。【赤5ピン】を切っているのでソウズ待ちに全てを懸けたと言ってもいい手牌となった。

そして小林の先制リーチが飛んでくる。

ドラ1のペン【3マン】待ち。小林の一人旅になるかと思いきや…。これに追いついたのが親番の松本。

執念の【5ソウ】を引いて聴牌。【2ソウ】が場に4枚切れているので確定ピンフ一盃口ドラドラの【2ソウ】【5ソウ】待ちのヤミテン。

そしてこの【5ソウ】を掴んだのがリーチ者の小林!

ピンフ一盃口ドラドラの12000を小林から討ち取る。針の穴を通した見事なアガリだ。

次局、松本は2000オールをアガって連荘をするとまたもや素晴らしい選択を我々に見せつけてくれた。

東2局2本場 親・松本 ドラ【4ソウ】

親番の松本が聴牌からの長考。

不満がありすぎる単騎聴牌。つい【6ソウ】を切って【赤5ソウ】単騎の仮の聴牌を取りたくなってしまうが、一度聴牌を取ってしまうとこの手… 良い待ちでリーチを打つ事が難しくなってしまう。

どの手替わりをしたとしても打点が安いくせに良い待ちに変化しない。だから思い切って【赤5ソウ】単騎でリーチをする選手もいるにはいると思うが、ここで松本は

【7ピン】としての柔らかい形に備える。先引き【4ソウ】【7ソウ】なら【6ピン】【9ピン】の延べ単騎リーチが打てるし、【5ピン】【6ピン】【9ピン】を先に引けばピンフ【4ソウ】【7ソウ】待ちのリーチが打てる。

強引ではなく柔軟な選択を好む実に松本らしい手筋。そして松本は見事に、

【9ピン】を重ねてのリーチ宣言! 【4ソウ】【7ソウ】ピンフ赤、高め【4ソウ】でドラの聴牌を入れる。

そして松本は小林のリーチ宣言牌である【7ソウ】を一発で捉えて、

リーチ一発ピンフ赤の12000をまたもや小林から打ち取る。24000点以上この松本の親番で失った小林は余りにもつらすぎる展開か。

次局は小林がマンガンをツモアガリ長かった松本の親番は流れた。

東3局 親・小林 ドラ【6ピン】

萩原が意外なヤミテンを入れる。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!