恐るべし前原雄大の執念!今日の“ガラクタ”ベスト3【熱論!Mリーグ】

残り1回の海底ツモにアガリを託すも、ツモれず流局。

一見このフリテンリーチは意味が無いように見えるが、「俺はフリテンでも構わずリーチするぞ」と他家に誇示し、前に出てきた相手を利用して自分の本手の和了率を上げる、という視点で見ると、かなり面白いリーチである。

「愚形上等、フリテン上等!」そんな前原の声が聞こえた気がした。

 

③漢・前原、執念のツモ切り追っかけリーチ

(1戦目 オーラス)

場面は1戦目のオーラス、2着の萩原をまくるには満貫直撃か跳満ツモが必要で、逆に満貫を放銃するとラスに落ちてしまうという局面。

後がない親のたろうが早々に2副露して、バックのテンパイを入れる。

しかし、このは近藤が対子で持っていてアガれない。

一方、ドリブンズにとっては非情とも言えるこの牌の並びが、着順アップを狙う2人の打ち手にそれぞれ大物手を運んできた。

まずは10巡目、跳満ツモでトップを狙う萩原が、ペン待ちでリーチ。

・三色・ドラ1でツモれば逆転勝利だ。しかもこの時点では山に3枚。

しかし次巡、前原にもタンヤオのカン待ちでテンパイが入る。

は萩原の現物なのでヤミテンに構え、そのままを引いてをに待ち替え。

打点が足りないため、このままダマを続行するのかと思われたが…

持ってきたのは。たろうが前巡に通している安全牌だ。

ここで前原は何故か少考に入った。萩原の狙いを考えていたのか…

と思いきや、少考の末、前原は低い声でこうつぶやいた…

「リーチ」と。

そう、前原は「リーチするかどうか」を考えていたのだ。

萩原から直撃して裏が乗れば2着に浮上するため、リーチする意味は十分にある。

また、現物のがなかなか出てこないため、山にあるという読みも働いただろう。

その読み通り、はまだ山に4枚残っていた。

しかし萩原のペンもまだ3枚残り。どちらが先に引くか、神のみぞ知る展開に…

勝負は一瞬で決した。前原雄大、魂の一発ツモ。

しかも裏ドラも乗せ、見事に条件をクリアして2着に浮上した。

わずかでも勝利のチャンスがあれば、貪欲に狙ってその剛腕で掴み取る。

これこそ「地獄の門番」と呼ばれた前原の真骨頂だろう。

前原の奮闘によって、麻雀格闘倶楽部は3位を維持。

しかし試合自体は千両役者・近藤が連勝したためフェニックスが復活し、3位から7位まで約100pt差の団子状態になってしまった。

更にドリブンズもこれ以上ラスを引くと、更なる大混戦になる可能性がある。

この団子状態から抜け出し、ファイナルシリーズ進出を決めるのはどのチームか!?

そこにどんなドラマが生まれるのか!?一時たりとも目が離せない。

(C)AbemaTV

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!