【Mリーグ効果か!?】大学生主体のリーグ戦MURSが熱い!!

学生たちの熱気があふれる…

最初は身内で“サミット”と呼んだ、小さな飲み会から始まった。

大学の麻雀サークルに所属する学生数名と麻雀店に勤務している鈴木さんが、あることを計画していた。

▲仕掛け人の鈴木さん(麻雀店勤務)

関東にある大学の麻雀サークルのリーグ戦。

ありそうでなかったこの戦いを実現できないかと模索していた。

できなかった要因はいくつかある。

大学のサークル同士をつなぐルートがなかったこと。

大学のサークルに入ってくる学生は、初心者が多いこと。

初心者が多いということは「真剣勝負」の前に、「楽しく麻雀を打つ」ことがまず大切だということ。

▲取材に訪れた日は学生たちの闘いの日だった

しかし、時代は変わった。

ゲームセンターやネット麻雀で、牌は触ったことはなくても麻雀のルールを知る人が増えた。

SNSの発達で、人と人がつながることが容易になってきた。

そして、Mリーグが始まった。

いままで数多くの麻雀対局の放送・配信はあったが、取材をしていてMリーグは別格だと感じる。

5つのプロ団体を横断して作られた「Mリーグ」。その戦いを見ていると、好きな選手ができ、好きなチームがうまれ、応援する。

そうすると、ある気持ちが生まれる。

自分も「真剣勝負」がしたい。

わいわいしゃべりながら話す麻雀も楽しいが、真剣勝負をやりたい。

でも、その場所がない。

それが大学の麻雀サークルのリーグ戦だ。
それを実現するの必要な最後のパーツ、「戦う場所」。それを麻雀ZOOが用意した。

▲麻雀ZOO池袋東口本店

学生主体のリーグ戦が誕生

ここからは参加する大学生の出番だ。

大学同士のつながりを深め、大学対抗リーグ戦の計画を進めていく。

そして2018年冬にできたのが大学麻雀機構。“Mahjong Univercity Recommend Session”、略して“MURS”(マーズ)だ。

慶應義塾大学、工学院大学、中央大学、東京大学、東京外国語大学、東京学芸大学、東京工芸大学、東京電機大学、東京都市大学、東京農工大学、明治大学、立教大学。全12大学がこの1月からプレリーグを行っている。

ルールはMリーグにほぼ準拠した形。また“チーム戦”というのもMリーグと似ている。

逆に「大学の」リーグだからこそ、配慮した面もある。

プレリーグは全4節だが、最低2節出場すれば、“規定打数”に達することにした。これは大学によってサークルの人数がまちまちであり、学生の本分である学業もある。出場のハードルを下げて、門戸を大きく開く。

大切なのは「真剣勝負」の場として“MURS”を認知してもらい、参加する大学、プレイヤーを増やすことだ。

立教大学の永峰さん、中央大学の伊豫田さんに話を聞いた。

記念すべきMURSの第1節。ピリピリとした空気の中で麻雀を打った。

初めての緊張感だ。それが新鮮だった。

永峰さんは、このリーグ戦で大学を優勝させたい。さらに後輩も育てていきたい。

伊豫田さんは、「自分の大学は強い」と思わせる存在にしたい。サークルでは“楽しい”をメインにしているが、MURSでは“強い”という方向を持たせたい。

話している2人はとても仲がいい雰囲気だったが、真剣勝負の場であるMURS、そして記念すべき第1期、自分の大学を優勝させたいという強い気持ちがある。

同時に2人とも、このMURS、そしてリーグ戦を成功させ、継続していく、という共通認識もある。

これから参加する大学も増やしていき、「一番強い大学を決めるリーグ戦」としてMURSを認知してもらう。その活動も同時にしている。

真剣勝負、プロだと当たり前のことかもしれない。

でもアマチュアだって、真剣だ。

箱根駅伝、六大学野球、サッカー、ラグビー、アメフト、柔道と数多くの「大学だからこその真剣勝負」「アマチュアだからこその真剣勝負」がある。

大学の名前を背負って戦う。

このシチュエーションでの緊張感は独特のものがある。