つおくなる! みずぐちむ講座

みずぐちむが教えてあげる!
つおくなる!麻雀講座【第9回】

こんにちは、みずぐちむです。
昨年末の最強戦ファイナルの熱が収まらぬまま、もう最強戦2018がやってこようとしています!
みずぐちむは3月10日の女流プロ代表決定戦に出場できることになりました。
二年連続ファイナル出場目指して頑張ります!

第9話 損する人? 得する人? みずぐちむる人?

図1 南1局 北家
ドラ

①点数状況
東家 16000
南家 35000
西家 19000
北家(自分) 30000

②点数状況
東家 39000
南家 12000
西家 11000
北家(自分) 38000

東家のリーチを受けている状況で、①②の状況の時、ドラを勝負するか?

どっちが幸せの道?

みなさん麻雀を打ってる時、損得ってどれくらい考えてますか?

この点棒状況は押した方が得だなーとか、このリーチに向かってくのは損だなーとか。

常に損得を考えていれば、正しい押し引きが身についてくると思います。

ではさっそく損得を考えてみましょう!

東家 16000
南家 35000
西家 19000
北家(自分) 30000

南1局、親リーチを受けている最中、図1の手牌でテンパイしたとします。

ドラ

ドラさえ通ればかなり和了れそうな、場況絶好のです。

あなたはドラを勝負しますか?

これは、いくら和了れそうでも絶対に勝負してはいけません。

トップ目に5000点負けているので行きたくなってしまうかもしれませんが、そんな気持ちをぐっと抑えてのトイツ落としをしましょう。

和了っても自分は2着のまま、なのに打ったらラスになるかもしれないのは、ラス目の親リーチへの放銃リスクに比べて、和了れた時のリターンがあまりにも小さすぎます。

もしこれが満貫クラスの手だったとしたら、もちろんリターンが見合っているので追いかけちゃいましょう!

崖の先にオアシス?

では、同じ図1の牌姿で以下の点棒だったとしたらどうでしょう。

東家 39000
南家 12000
西家 11000
北家(自分) 38000

ドラ

さっきと同じくトップ目の親リーチがかかり、自分は2着目です。

似ているように見えて、この点棒だと押し引きが全然変わっちゃうんです。

決定的に違う点は、和了れば自分がトップ目になるということと、下が遠いので一回放銃しても大丈夫という点です。

この親リーチに4000オールでもされようものなら、ほぼほぼトップが決まってしまいます。

自分に着順ダウンのリスクがなければ、トップを取ることを最優先して親リーチを自らかわしにいっちゃいましょう!

俗に言う勝負局ってやつですね。

結果12000を打ってしまったらごめんなさいして、後は現実を見ていきましょうね(笑)

欲しいものは何?

最後に、自分がラス目だった場合です。

東家 16000
南家 35000
西家(自分) 19000
北家 30000

ドラ

最初に紹介した点棒状況で、ラス目を自分にしてみました。

ラス目は攻め! と前のコラムに書いたので当然のリーチ! と思いきや…、ラス目は打点が欲しいのです。

ここは即リーチといかずとりあえずのトイツ落としをして回り、ドラを使ったり三色を目指した手作りをしましょう。

次回は、「間をつくらない」をテーマに書いていこうと思います!

相手にヒントを与えてしまう間は、隙になります。

間をつくってはいけないタイミングと、間をつくっても大丈夫なタイミングがあるのです。

それではまた!

(初出「近代麻雀」2018年4月1日号)