二階堂亜樹、大三元も飛び出すビッグゲームを制して、風林火山がトップ浮上!!

二階堂亜樹、
大三元も飛び出すビッグゲームを制して、
風林火山がトップ浮上!!

3月10日に行われたプロ麻雀リーグ「Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ」。
その4日目1回戦は、EX風林火山・二階堂亜樹(日本プロ麻雀連盟)がトップを獲得。
前原の大三元が炸裂するも、二階堂がファイナル2度めのトップを奪取した。

対局者は、
赤坂ドリブンズ・園田賢(最高位戦日本プロ麻雀協会)、
KONAMI麻雀格闘倶楽部・前原雄大(日本プロ麻雀連盟)、
渋谷abemas・多井隆晴(RMU)、
そして二階堂。

並びは、前原・多井・園田賢・二階堂。

東場は多井が独走して、5万点オーバーの点棒を築くパーフェクトゲーム。
しかし、南1局1本場の前原の親番。
と仕掛けた前原。なんと5巡目に大三元のテンパイ。
次巡、多井が切ったがストライク。痛恨の48000点の放銃となった。

その次局、前原が畳み掛けるリーチ攻撃。
迎え撃ったのは二階堂。同テンの待ちで追いかけ、首尾よくツモり勝ち。
リーチ・ツモ・ドラ5・赤1のバイマンを前原に親かぶりさせて追走する。

二階堂は、南3局には前原からマンガンの直撃に成功。差を1万点以内にまで詰める。

オーラスは、二階堂と前原のリーチ合戦。
二階堂がピンフ・赤1の5800の直撃に成功。

同1本場は二階堂のノーテンで流局。
二階堂がビッグゲームを制した。

二階堂は勝利者インタビューで、
「(前原選手の大三元を指して)すごい半荘だったなと思って、疲れたなって感じですね。常に追う立場で、手がきてくれて気持ちに余裕が持てたのがよかったです。」
と語った。

【Result】
1着 EX風林火山・二階堂亜樹(日本プロ麻雀連盟) 4万2200点/+62.2
2着 KONAMI麻雀格闘倶楽部・前原雄大(日本プロ麻雀連盟) 3万8800点/+18.8
3着 赤坂ドリブンズ・園田賢(最高位戦日本プロ麻雀協会) 1万4400点/▲25.6
4着 渋谷ABEMAS・多井隆晴(RMU) 4600点/▲55.4

【Total】
1位 EX風林火山 +237.3(10/24)
2位 赤坂ドリブンズ +182.9(10/24)
3位 KONAMI 麻雀格闘倶楽部 ▲74.5(10/24)
4位 渋谷ABEMAS ▲97.2(10/24)

10月1日に開幕したプロ麻雀リーグ「Mリーグ」
レギュラーシーズンを終え、上位4チームがファイナルシリーズへと進むことになった。
赤坂ドリブンズ,EX風林火山,KONAMI麻雀格闘倶楽部,渋谷ABEMAS
の4チームで初代王者の座をかけて戦う。

ファイナルシリーズは全24戦で決着。1日3戦を戦う。
Mリーグ初代王者になるチームはどこだ!?

(C)AbemaTV

Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ4日目

近代麻雀戦術シリーズ新刊情報

「麻雀強者の0秒思考」

著:ZERO

好評発売中!!!!

Amazonはこちら→「麻雀強者の0秒思考」

この記事のタイトルとURLをコピーする