中央線アンダードッグ 第29話【長村大 連載小説】




「え? いやたしかに放送研究部だって…」

「違いますよー、カジさんの勘違いですよ。いやーでもさすがに今日は疲れましたね、お先に失礼します!」

とても疲れている人間とは思えない元気さで去っていったカワシマを見ながら、おれたちはこの先の放送を思って途方に暮れるのであった。

 

 

第30話(7月17日)に続く。

この小説は毎週土曜・水曜の0時に更新されます。

 

長村大
第11期麻雀最強位。1999年、当時流れ論が主流であった麻雀界に彗星のごとく現れ麻雀最強位になる。
最高位戦所属プロだったが現在はプロをやめている。著書に『真・デジタル』がある。
Twitterアカウントはこちら→@iggysworldtower