全員集合を制したのは…─勝ちたがりたちの四重奏─【Mリーグ2022-23観戦記12/9】担当記者:渡邉浩史郎

全員集合を制したのは…
─勝ちたがりたちの四重奏─

文・渡邉浩史郎【金曜担当ライター】2022年 12月 9日

第1試合

東家:堀慎吾(KADOKAWAサクラナイツ)
南家:勝又健志(EX風林火山)
西家:高宮まり(KONAMI麻雀格闘倶楽部)
北家:瑞原明奈(U-NEXT Pirates)

本日の一戦目、

堀慎吾

トップに飢えていた。

+100ptが「ちょっと下振れ」の堀にとって、現状の個人スコア-100ptはあってはならない「超下振れ」。チーム的にも大きくポイントを稼ぎたいところだ。

勝又健志

「勝ち」に飢えていた。

前人未到の個人5連勝がかかった試合。しかし対局開始前から「オーラス仕掛けて2000点で二着を取りに行きますよ」と、自身の記録よりもチームの予選通過のために最善を尽くすと豪語した。「勝ち」のためには時に自らの身をも捧げる、最強軍師たる所以だろう。

高宮まり

飛躍に飢えていた。

「今年の高宮は違う」そう誰もに言わしめる好試合の連発。ポイントも伸びてきており、後はもう一押しの飛躍が欲しいところ。

瑞原明奈

出番に飢えていた。

もはや瑞原は出れば出るだけ勝つ、そんなイメージを持つ人も多いだろう。
今年の登板は8回目。新規加入選手を序盤多めに投入する作戦のパイレーツだったが、この中盤からは「一日一剛」ならぬ「一日一原明奈」を見ることができそうだ。

そんな飢えに飢えたハングリー達の一戦。早速見ていこう。

【東1局】
開局からこの半荘を象徴するようなぶつかり合い。

高宮が【白】を仕掛けて行くと……

すかさず瑞原がターツの足りていない手ながらもドラの【1マン】をプッシュ! 赤二枚で打点を確保しているので使いにくくて危ないドラは先処理だ。

この瑞原の押しを当然見逃さない勝又。タンピン形が見える手だがここで安全な字牌二種を残して【7マン】先打ち。宣言通り、がむしゃらにトップには向かっていない一打だ。

一方こちらは親の堀、【6ピン】を引いてここは考えどころ。打点的には清一色まっしぐらと行きたいが……

ここは【4ピン】切り。自身の目から【1ピン】三枚、【3ピン】二枚、【4ピン】四枚、【6ピン】三枚見えていて、意外にピンズが伸びにくいし、伸びても枚数が少ない。

さらには清一色に向かった際に切りだす【7ソウ】【8ソウ】も、かなり高宮には危なそうだ。自身の目からピンズが分断されているうえに、結構な種類のマンズが通っている。

その中でも堀は単純受け入れ枚数が多い打【1ピン】ではなく、一気通貫の目が残る打【4ピン】として打点は逃さない形とした。

それぞれが勝つための手筋を見せたが、ここは高宮に軍配。1000・2000のアガリ。

【東2局】

さらりと高宮が打【8ピン】。一見両面を壊しているようで抵抗があるが、くっつきを最大限広く取った形だ。
今年の高宮はこういう選択を迷わない。

しかしこの局先制は瑞原。カン【3ピン】だが先制ドラ1のリーチなら圧十分。

安全牌でうまく回っていた高宮だったが、聴牌したら途端に豹変。ベルセルクモード突入の追っかけリーチだ!
これが山に1枚。瑞原のカン【3ピン】はゼロ。負けはない戦いだが……

海底という最高のタイミングでツモ! 裏ドラも二枚のっけて3000・6000だ! 微妙なリードを確固たるリードまで押し上げた!

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 高宮まり撮り下ろし写真集&近代麻雀新刊