西原理恵子 & 山崎一夫 謹賀新年!心機一転全奮闘努力!




 

謹賀新年!
心機一転全奮闘努力!

近代麻雀読者のみなさん、あけまして、おめでとうございます。

近代麻雀が創刊されてから、はや40年。
私は創刊以来の愛読者であると共に、近代麻雀での執筆歴も30年くらいになります。

長いお付き合いの方も、最近本誌を読み始めたみなさんも、今年もよろしくお願いいたします。

 

いや~、めでたい。

 

個人的なことですが、ここ数か月「五十肩」を患ってましたが、リハビリのプール通いが功を奏したのか、完治しました。

一時は着替えもできないほどの痛みがあり、夜なかに寝返りの激痛で目が覚めるほどでした。 幸いにも左肩だったので、毎日の麻雀には支障がありませんでしたけど。

五十肩の原因はハッキリしませんが、その前の税務調査による、極度の緊張と肩コリとウツが関係してるように思います。

 

単行本「迷って選んだ答えは必ず間違い」の前書きにも記しましたが、西原理恵子さんによると、

「その程度はウツじゃない!」

そうですが。

「本格的なウツは朝起きることさえできない。山崎さんは、毎日麻雀やって、毎月温泉を取材して、定期的に税務署にも交渉に行ってる。健康です」

さらに

「何でもかんでも税務署のせいにしたらイケマセンよ。自分のせいとか歳のせいもあるだろうし。
 でも税務署とは徹底的に戦ってくださいね」

 

 

さすが、日本初の「脱税できるかな」を描いた漫画家です。

 

交渉は今も難航してますが、税理士さんや友だちの応援もあって、なんとか収集がつきそうです。

「必要なら、ウチの税理士と弁護士に相談してみれば」

「運転資金なら貸すよ。ある時払いの催促無しで」

「ライターの仕事なら紹介しましょうか?」

「いっしょに税務署に乗り込んでやろうか」

 

ありがたいのやら、ありがた迷惑なのやら、私のほうが悪いかどうかは問わずに、応援してくれました。

 

今年は綺麗な体になれるように、奮闘するつもりでおります。

 

私などより、もっと苦労してる方も多いと思いますが、お互いに頑張って、自力でめでたい年にしまよう。

 

 

勝ちながら、勝つ能力を上げる
稼ぎながら、稼ぐ能力を上げる

かつて私が銀玉親方として、パチンコ攻略ライターをやってた時のスローガンが

「パチンコで勝ちながら、勝つ能力を上げろ」

でした。

「ギャンブルは上手くなったら勝てる」

は幻想だとも。

 

当時は、パチンコファンもパチンコ店も、今に比べると知識や情報のレベルが低かった時代です。

「大当たりは出目のパターンで予測できる」

「新台は基盤が温まる開店3日目くらいに爆発する」

なんて根拠の無いことをマジメに言ってました。
私のメインの必勝法は簡単で、当時素人にはまったく情報が無かった、新装開店狙いです。

「1時間打つよりも、1時間並べ」

今は難しいと思いますが、当時はこれだけで誰でも勝てました。

 

ただし、情報収集が難しいのと、秘密結社のような開店プロ団体とモメるリスクはあります。

「お前ら、俺たちの商売の邪魔しやがってタダですむと思うなよ」

当時、パチンコ必勝ガイドの末井昭さんと私は、何回も開店プロに脅かされたくらい儲かったんです。

 

この記事のタイトルとURLをコピーする