完全イーシャンテンとは【近代麻雀 つおくなる! みずぐちむ講座】

みずぐちむが教えてあげる!
つおくなる!麻雀講座【第31回】

こんにちは、みずぐちむです!
「麻雀最強戦2019 女流プレミアトーナメント 華麗な技」にて優勝いたしました!
勝つには攻めなきゃいけない、を意識して
攻めきった結果 優勝に結び付きました。

完全イーシャンテンか!? 安全牌を持つか!?
図1
東1局 西家 8巡目 25,000点持ち
ドラ

図2
東1局 西家 10巡目 25,000点持ち
ドラ

第31話 水の中は怖いけど、ブクブク前に進もう

意味ある荷物は抱えよう

今回のテーマは完全イーシャンテンについてです!

完全イーシャンテンとは、その名の通り不要牌のない完全形のイーシャンテンです。

だいたいはこの完全イーシャンテンを目指して手組をしていくわけですが、手牌によってはブクブクにしないで安全牌を持つことも時には必要です。

そのラインはどうなってるのか、みずぐちむ講座スタートです!

まずは図1の手牌です。

東1局 西家 8巡目 25,000点持ち
ドラ

よくある完全イーシャンテンで、を切って安全牌のを持つかどうかの選択です。

ここで考えるべきは、シャンポン部分が暗刻になって嬉しいかどうかです。

一番嬉しいのはを引いてのメンタンピンですが、の縦引きでタンヤオリーチが打てるのもかなり嬉しいですよね。

重なって嬉しいリーチが打てる時はブクブクに! が鉄則です☆

溺れちゃうなら捨てちゃおう

次はこんな図2の形です。

東1局 西家 10巡目 25,000点持ち
ドラ

切りか切りかの選択です。

先ほどと同じようにまた暗刻になって嬉しいかどうか考えてみましょう。

が重なってもリーチのみカンチャン… これは全然嬉しくないですね。

10巡目のリーチのみカンなんて、とてもじゃないけど打てないので、結局ヤミテンになっちゃいます。

終盤にポンテンの形式テンパイが取れなくなってしまいますが、最後はチーしてを切って安全にテンパイが取れるようにするのがグッドバランスです!

苦しさの先の幸福

完全イーシャンテンとはちょっと違いますが、手役をみてブクブクにする時もあります。

ドラ

ピンフの両面両面のイーシャンテンです。

もう十分形なので安全牌を残してリーチを受けても一巡凌げるを残したくなります。が、よーく見てください。

この記事のタイトルとURLをコピーする