赤坂ドリブンズ・村上淳 理想形から逆算した至高の第一打【Mリーガー29人の名手】

赤坂ドリブンズ・村上淳

理想形から逆算した

至高の第一打

【Mリーガー29人の名手】

Mリーグ2019 11/18

第2試合 南4局1本場 ドラ

東家 村上淳赤坂ドリブンズ

30800

南家 前原雄大麻雀格闘倶楽部

△6800

西家 滝沢和典EX風林火山

31000

北家 萩原聖人TEAM雷電

45000

トップとはまだ差があり、連荘で逆転を目指したいラス親の村上。ややピンズの多い配牌だが、第一打に何を選択したか。

 

 

「アガリと打点、両方を見据えた選択」

ひとまず連荘を目指す場合、手なりで最速を目指したくなる。普通はあたりを第一打に選ぶのではないだろうか。だが、ピンズですでに3トイツあり、上手く仕上がればメンホンチートイツにもなる。その理想形が見えている以上、字牌とて大事な種である。

ここで村上が選んだのは。ひとまずソーズの端牌を捨て、その次にソーズやマンズの中張牌を引けばタンヤオに切り替えていけばよい。両方に対応できるのは以外にないのである。

この選択が見事にはまり、9巡目にメンホンチートイツでテンパイした村上は次巡に待ちをからに変えてリーチ。

このを一発でツモって親倍満をさく裂させ、大逆転トップを獲得した。

 

Mリーガー全29人の

名手を収録した

小冊子付き「近代麻雀」

発売中‼︎

 

東川亮

赤入り麻雀、東天紅(三人麻雀)などを愛する、さいたま市在住の麻雀ファン。本業はフリーのライター。飯田橋にあるセット雀荘「麻雀ロン」にて、オーナーである麻雀解説者・梶本琢程氏との接点が生まれ、その縁をきっかけとしてキンマWebにてライター活動を開始した。
ひがし@Twitter

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!