西原理恵子 & 山崎一夫 末井昭さんの単行本「自殺」が 評判になっている。

 

「自殺する人は、真面目で優しい人です」

 

と受け入れています。

 

「自殺」という暗いイメージのタイトルの本ですが、たくさんのネットユーザーや読者の共感を得て、読者が増えています。

 

末井昭さんは、名編集者として「写真時代」や「パチンコ必勝ガイド」など、売れる本をたくさん作ってきましたが、この本にはそういう意図は感じられません。

 

「より多くの人たちに読んで欲しい」

 

という気持ちがあるだけです。

 

読者のみなさんも、それは同じ。

 

「ネットの連載を全部読んでますが、単行本になったら買います」

「この本を読ませたい友だちがいるんです」

 

著書はこう結ばれています。

 

もしいまあなたが、自殺しようかどうか迷っているのでしたら、どうか死なないでください。

そこまで自分を追い込んだらもう十分です。あなたはもう、それまでの自分とは違うのです。

今がどん底だと思えば、少々のことは耐えられます。そして、生きていて良かったと思う日が必ず来ます。

 

それでも自殺を思い留まることができなかったら、とりあえず明日まで待ってください。

 

その一日があなたを少し変えてくれます。時間にはそういう力があります。

 

ほんの少し、視点が変わるだけで、気持ちも変わります。そして、いつか笑える日が来ます。

 

 

きっと。

 

緩慢な自殺アル中体験談

吾妻ひでお&西原理恵子

 

吾妻ひでおさんと言えば、ロリコン美少女漫画の元祖として有名ですが、数年前から「失踪日記」

の自殺未遂のアル中漫画家としても有名になってしまいました。

 

おふたりの対談本

 

「あるこーる白書」で西原理恵子さんは、「うちは日本一有名なアル中家族」ということに

なっています。

 

アルコール依存は、本人も家族にとっても大変な病気で、私の知り合いや友だちにも

すでに亡くなった人も何人もいます。

 

先の自殺の統計もそうですが、

 

「自殺でした」「アル中で死にました」

 

という遺族は少ないので、実態は実感以上に多そうです。

 

対談でも話してますが、日本はコンビニなどで24時間安い酒が手に入るので、

いったん依存症になると抜け出すのが難しいそうです。

 

「アルコール依存は緩慢な自殺」とも言われており、いつかは体を壊して死に至る可能性が高い。

潜在的な事故死の可能性も高いので、トータルでの死亡率はぐんと高くなります。

 

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!