その平均値は「20パーセント」 なぜMリーガーは鳴かないのか⁉︎【熱論!Mリーグ】担当記者:masasio

こうなった時にが残っていたほうが良い。

狙い通りにツモが来た。

ここで打

5巡目に朝倉がリーチ。

ピンフドラ1の充分形だ。

 

リーチを受けて魚谷の手牌。

オリるならのトイツ落としか。

自身の手もホンイツチートイツのイーシャンテンということもあり、ここはを勝負。

朝倉のリーチは手出しでと切っている。

単純なならから先に切るのではという読みもあったか。

イーシャンテンになった亜樹からが出て「ポン」

チートイツの方が打点は上だが、仕掛けた方がテンパイになる牌が多いため当然のポンだ。

上家がリーチを掛けているため、絞られる心配もない。

親でマンガンのイーシャンテンということでドラ表示牌のもプッシュ。

打点のある手は真っ向勝負だ。

ちなみに今局ポンした魚谷のフーロ率は16.0%

Mリーグ平均よりも低い数字となっている。

魚谷といえば「最速マーメイド」の二つ名があり、軽快に仕掛けていくイメージがあるのでかなり意外な数字だ。

確かに観戦していても昨シーズンよりも軽い仕掛けは少なくなっているように感じる。

魚谷なりにMリーグに対応した結果なのだろう。

リーチとダブのポンに挟まれた亜樹。

前門のリーチ、後門のダブ

中筋のを選択。

ダブポンの魚谷はを鳴いておらず、を切っている。

魚谷に対しても通りやすそうだ。

自身の手もイーシャンテン。うまく回れるだろうか。

 

次巡を引いて、魚谷テンパイ。

カン待ちだ。

は亜樹がトイツ落としの最中だ。これはアガれたか?

今通ったを引いて、ツモ切り。

魚谷が切ったを引いて、ツモ切り。

 

そうこうしている間に魚谷が朝倉の当たり牌を掴んでしまった。

裏ドラは乗らず3900の放銃。

亜樹はを切ってもおかしくはなかったが、魚谷に手出しが入った以上切れないという判断だ。

「さっき通ったから今のうち―」

そう言ってを切って痛い目を見た経験は誰しもあるはずだ。

もちろん亜樹の手がそこまで価値のある手ではなかったというのも大きいが、さすがだなと感じた。

東4局

ここまで出番のなかった白鳥がをポン。

 

赤赤ドラで打点は充分。

ようやく戦える手が来た。

ちなみに白鳥のフーロ率は22.6%

平均よりやや高めだ。形式テンパイの仕掛けが多い印象がある。

続いて朝倉も2フーロ

この記事のタイトルとURLをコピーする

ツイッターでも毎日情報を発信中!