右手には剣を、そして左手には… 進化するベルセルク高宮まりが手にした新たな装備【熱論!Mリーグ】担当記者:ゆうせー

高宮が選んだのは、

だった。上家の沢崎はを切っていては中スジだ。二段目に濃い牌を連続で手出ししてきた沢崎を警戒し、かつ、ドラを使うことで高打点のタンヤオを狙った、攻守兼用の一打だ。

押せ押せで行くならここは打という選択がある。ピンズのイーペーコーピンフを活かしてハネマン以上が狙える。そうしなかったのは、を沢崎に打たないためだ。

ややいつもより守備にウエイトを置いた高宮の選択だった。

この局、高宮はテンパイしたときにを勝負し、沢崎との二軒テンパイに持ち込んだ。

次の南1局4本場、7巡目の高宮、

ここで、

を切った。場にはピンズがほとんど見えていない。の方が明らかに安全そうなので、手にをとどめて危険なを先打ちした格好だ。

私は思った。

「今日、高宮は守備を強く意識して打っているのではないだろうか?」

『淑女なベルセルク』のニックネームをもつ高宮。ベルセルクは別の読み方ではバーサーカー、つまりは狂戦士。その名の通り、怒涛の攻めが高宮の持ち味である。その反面、真っすぐ攻めた結果、手痛い放銃をしてしまうこともあった。

だが前局、沢崎に対応した打。そしてここでの打

明らかに高宮は『受け』を意識しながら手牌を進めている。

ふと、チームメイトの寿人が以前解説で話していたセリフが、私の頭に浮かんだ。

「備えは必要ですから」

リーグ戦も佳境に入った今、高宮はチームのために、南場に入ってからは特に避けられる放銃を避けるべく、備えながら手を進めているに違いない。

今日のベルセルクは右手には剣を、そして左手には盾を持っている。

警戒しながら手をすすめる高宮。に続いて、

を引き入れて、12巡目にはイーシャンテンに。

そして、ついにテンパイが入る。234の三色だ。

最終形ならば残りツモ2回でも、気高き女騎士は盾を置き、リーチという剣を抜く。

多井に仕掛けが入り、高宮最後のツモは、

だ!

リーチツモ三色同順。2400-4400のツモアガリで高宮はトップへと躍り出た。

そして、

南2局

南3局

と、続けて多井のリーチに対してガッチリと守りを固め、微差トップ目のままオーラスを迎えることとなった。

 

 

テーマ3

焦点の一局

なんとしても逃げ切りたい高宮。3巡目に、

を引いて、

引きを見据えた良い一打だ。

次巡、

を持ってきて、

タンヤオを色濃く見てすすめる。

アガリトップへの道を模索する高宮を横目に、

多井にテンパイが入った。どうする。

  • Twitterで”毎日”麻雀情報を発信中!