西原理恵子 & 山崎一夫 麻雀の強さはコミュニティに依存することが多い!


麻雀の強さはコミュニティに
依存することが多い

私の経営するフリー雀荘には、本走専門スタッフ、いわゆる打ち子がいます。
打ち子が勤務する時間帯は、朝の開店から夕方までの、ヒマな時間帯が中心です。

夜や週末などの忙しい時間帯には、打ち子を入れずに、一般のクルーを増やして仕事をこなすようにしています。

3つの店のうち、ある店舗で好成績を挙げていた打ち子が、別の店に移動しました。
ところが、しばらくして

「軍資金が続かないので辞めます」

と言ってきました。
実はよくあるパターンです。

「前の店の好成績はツイてただけ」

というのは、長期間打っていたので無さそうです。
でも、その店のクルーやお客さんとの相性の良さはあったと思います。

私が見たところ、先の店の早番は新人の女子クルーがいたり、常連の年配のお客さんも、ゆったりと大らかな麻雀です。

たとえば、バックで仕掛けることはめったに無いし、着順の変わらないアガリもしないとか。

そういうコミュニティに、鳴きが多めの麻雀が合っていたのかもしれません。

ところが店を移ったら、新人女子クルーの代わりに、ベテランの男子クルーばかりで、さらに自分より仕掛けが多い常連がいたりで
、実力が発揮できなかったようです。

新しいコミュニティに対応できる実力はあったと思うんですが、それまで楽に勝てていたので、貯金はあまりしてなかったみたいです。

ギャンブルは、腕か金が無いと続かないんです。

今から20年以上前のことですが、東京で2の2-6、チップ千円の東風戦が流行ったことがあります。

もちろん今は全面禁止です。

当時の打ち子は、裏メンと呼ばれており、お客さんのフリをして、卓入りしてました。
私はかつて近代麻雀で「麻雀で食え!」という戦術を連載していたんですが、タイトルどおり、当時はそのレートで食えたんです。

「お前もうちょっと客を大事にしろよ」

店長が打ち子に文句を言います。

「だって、生活がかかってるからなあ」

「分かった」

 

店長はその打ち子をクビにはしませんでしたが、もう一人打ち子を入れて同卓を多くしました。
そういう店は、店長自体が大ベテランなので、店長まで同卓すると、元の打ち子の稼ぎは激減して、パンクしてしまいました。

2の2-6は、腕さえ良ければ打ち子をしなくても勝てるなので、その打ち子は、少し考えが甘かったのかもしれません。
食えると言っても、ほんの数%の限られた人だけ。

しかも、それを何年も続けるのは至難です。

 

今の主流の点5やピンの東南戦だと、

「腕が良ければタダで遊べる」

「さらに強ければ、お小遣いになる」

くらいが限界です。

 

稼ぐことよりも、楽しく打つことをメインにしたほうが良さそうです。

ブラフを多用しては
ブラフにならない

2の2-6の東風戦時代の雀ゴロにブラフの多い打ち手がいました。
当時の雀ゴロの勝ちパターンは、

●半チャン1回で、1000円勝って、500円をゲーム代に払って、残り500円。
●月400回打って、浮き200000円。他に雀荘の月間レースの賞金も大事。1時間に3回打って、時給1500円。
くらいでした。

打ち子のように店からは給料を貰いませんが、賞金がその代わりになっている感じです。
雀ゴロとは言うものの、やっていることはけっこう地味で、「1ツモ10円の内職」といった感じです。

そう思うと、チップ1枚の価値はとても大きいので、それを稼ぐのは大事です。

リーチなど、相手のチップのチャンスは一発消しでをツブしながら、自分はブラフを多用しながら、チップを稼ぐんです。
打牌強打で堂々とリーチのように見せかけて、実は愚形かつ安いとか。

最初のうちはブラフも通じるんですが、やがて手の内がバレて、逆に攻め込まれていました。
リーチにポンポンで攻め返されたり、安全牌の字牌を暗槓されて、追いかけられたりとか。

ブラフよりも、多少遅くなっても本手で勝負したほうが、長期的には勝率が上がるのではないでしょうか。
特にセットや常連の多いフリー打ちでは愚形の安手は、アガっても流れても、自分に不利な情報を与えます。

「ツモってハネマン、振ったらマンガン」

のリーチを目指しましょう。

(文:山崎一夫/イラスト:西原理恵子■初出「近代麻雀」2014年12月1日号)

●西原理恵子公式HP「鳥頭の城」⇒ http://www.toriatama.net/
●山崎一夫のブログ・twitter・Facebook・HPは「麻雀たぬ」共通です。⇒ http://mj-tanu.com/

さいばら&山崎の でかぴん麻雀入門は毎週水曜更新!!(次回は7月29日更新予定)

 

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です