「花咲かじいさん」再び見参!サクラナイツ・沢崎誠の三色ラッシュ【Mリーグ2020観戦記10/9】担当記者:真中彰司

花咲かじいさん」再び見参

サクラナイツ・沢崎誠の

三色ラッシュ

文・真中彰司【金曜担当ライター】2020年10月9日

第2試合

東家:【TEAM雷電萩原聖人

南家:【渋谷ABEMAS松本吉弘

西家:【U-NEXTパイレーツ小林剛

北家:【KADOKAWAサクラナイツ沢崎誠

萩原以外の3選手は今季初出場。これでMリーガー30人が全員出揃った。

特に苦しいのは、開幕から3戦連続ラスのパイレーツ。

船長・小林剛が反撃の狼煙を上げられるか注目だ。

東1局

親番・萩原の配牌から半荘がスタート。

見事にバラバラ。辛うじて両面ターツが2つあるだけ。

まさに雪原のようだ。

前回登板で屈辱のラスを喰らってしまった萩原としては、何とかしてアガリが欲しいところだが…一抹の不安が視聴者の頭をよぎる。

そんな不安をよそに、着々と手を育てていたのが小林。

両面だらけの2シャンテン。ドラ受けもあるため、安全牌を持たずに受け入れ最大で構えても良いところだが…

「ピピピ…6sが薄いですね、安全牌を抱エマショウ」

2枚切れでほぼ安全なを残し、を打った。

が2枚切れのため、一番メンツになりにくい部分を固定した形だ。

そしてを引いた。ドラ受けを固定してツモ切りでも良いが…

七対子のイーシャンテンを優先して打とした。

そして河に1枚も見えていないを残し…

見事に重ねて、地獄の単騎でリーチ!

もともと面子手に行こうとしていただけに、河も至って普通になっている。

小林と言えば高い副露率が目立ちがちだが、それは門前が難しい手での話。

チームが3ラスでも動じず、ただ淡々と最善手を打ち続ける。

それが小林剛という選手なのだ。

このリーチに捕まったのがABEMASの松本。

456の三色が見えるイーシャンテンだっただけに、地獄のは止まらなかった。

「マジ!?ボマーさっそく捕まったんですけど

昨季の鬱憤を晴らしたいところだったが、出鼻を挫かれてしまった。

東2局

しかし、パンチ一発程度では怯まないのがタフガイ松本。

すぐに立て直し、待ちの親リーチで反撃開始。

「やられたらやり返す倍返しだ!!」

メガネの奥が闘志でギラギラと光っている。というかメガネも光っている。

このリーチに応戦したのが小林。

ドラ2枚で、678の三色まで見える大物手のイーシャンテン。

安全牌が無いため、無筋でも当然押していく一手だ。

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!