絶好調の茅森早香を止める打ち手は誰だ! 全く違う選択を好む四者四様の牌譜【Mリーグ2020観戦記1/12】担当記者:危険な鬼太郎

という事か。

小林がここは見事に安めながらをツモって1000-2000のアガリ。

小場を制する小林の強い力を感じてしまう。

南2局 ドラ 親・園田 供託1本

茅森がカン待ちからリャンメン変化してリーチ宣言。

待ちのリーチピンフドラ赤の満貫の手牌。

これに小林が役有り聴牌からかなりの猛プッシュ。やドラ跨ぎのも何のその。

そして茅森の当たり牌のを掴み長考。

小林の本音を言えばここは押したい。1300は1600の供託2本を取る事が出来れば大きすぎる。

しかし…。もし放銃すればラスまで見える接戦。現物を抜いてもおかしくはない。

小林はここでを切った。

これが茅森にアタリ、リーチピンフドラ赤の8000の放銃。

コメントでは「小林らしくない」というのが目立っていたが、私はあまりそうは思わなかった。小林はノーテンからは絶対にリーチの当たり牌を切らないような鉄壁な守備を見せるが、割と聴牌から押し切ってアガる事がMリーグでは多く見かける。

今回は偶然にもが茅森の当たり牌だっただけの話で。

しかし…これが重くのしかかり南3局で茅森が園田から8000をアガると、オーラスに小林はリーチを打って藤崎に、

リーチ棒込みで3000点の放銃をして小林が今季初ラスを引いた。茅森は小場には積極的に参加せず、要所で大物手を仕上げてトップを見事に獲得した。

1回戦とは違って最高打点がマンガンまでだった2回戦だが、それだけに皆放銃に最新の注意を払っている面白い対局になったと思う。

1日でド派手な対局とちょっと落ち着いた局を見れて少しお得な気分だなと思ってしまった。

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!