一切甘え無し!アガリ放棄の鉄壁守備 村上淳が魅せる一牌の重み【Mリーグ2020観戦記2/2】担当記者:危険な鬼太郎

なにをそんなに迷っているのだろう?と思った。は筋だしは魚谷の現物。牌を絞るにしたって攻めるにしたって迷う手牌には見えないが…。

このを選べる人が果たしてこの世に何人いるのだろうか。もはやアガリ放棄に等しい打だ。

このは魚谷に対して絶対に当たらない牌。同順に上家の黒沢がを切っているからだ。村上は魚谷に最悪チーはされてもいいが、絶対に放銃しない牌を選択した。

確かに魚谷はと手出しで遅くは見えない。しかも自分の手はアガレそうには見えない。

だったら今の内に魚谷の現物を手の内にいっぱい溜めて終盤にベタ降りしようという守備の達人ならではの一打だ。こういう打牌を観るたびに村上が何故降り打ちが少ない選手なのかが良くわかる。

魚谷がをポン!

役役赤の5800点の聴牌を入れる。

これに黒沢が追いついてリーチ!

魚谷の当たり牌のを重ねてののリーチドラ1の手。

この2件の攻めがあっても村上は意に介さない。

この為のベタ降り。村上はきっちり魚谷に対して筋かつ、黒沢に対して現物のを2枚も手の内に抱えていた。

村上は一切隙を見せない。

ここは黒沢がをツモって

リーチツモ赤の1000-2000のアガリ。村上にしたらたった千点の失点で局が流れたのは上々の結果か。

東4局 親・亜樹 ドラ

親番の亜樹がを暗槓の後に先制リーチ

待ちはカンだが暗槓していて、さらにタンヤオの役まで付いている。裏ドラ次第では面白い手になる。

この亜樹の親リーチには誰も歯向かえず、全員が回し打ちを始めた。

さらに亜樹がを暗槓。

亜樹の打点がさらにアガる。

これに対して追いついたのが村上。

タンヤオ赤の単騎の聴牌。

さらに手牌が変化。

ドラのを持ってきて長考。切る牌は暗槓でノーチャンスのに決まっているが、問題はでリーチを打つかどうか。

は亜樹の現物だが自身から3枚見え。しかも打点が5200点というのは余りにも安すぎる。もしリーチを打ってこのをアガリ切れればもうトップは確定的だ。

裏ドラが3枚も見れるのは大きすぎる。

ここは静かにを河に捨ててヤミテンを選択する村上。加点よりも親の亜樹に放銃しての失点の方を恐れたか。

次順亜樹のロン牌のを掴む村上。

このを止めるためにヤミテンを選択した…とも言えるがまだ亜樹に対して通っていない筋は多い。このは通っていない数多くある無筋の内の一つなので切ってもおかしくなかったが…。

まさに壁のような一打の打を完全に止めきった村上。自分の聴牌に一切甘えない男。

流局して亜樹の待ちがカンだとしって村上は肝を冷やしただろうか。それともそんな待ちもあり得るか。と達観していたのだろうか。

この後村上にとって不運な展開が続き魚谷が

村上の親番でリーチ一発タンヤオ三色の3000-6000のツモアガリ。村上はここで親被りで6000点も支払って、黒沢の連続和了で3着まで着順を落とす事になってしまった。

私はこの村上の3着は強かった故に引いた3着だったなと思った。凡人が打っていたらもう箱ラスの4着を引いていたのかもしれない。

案外こういう粘りがレギュラーシーズンの終盤で響いて来そうだなと私は感じた。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!