魔王・佐々木寿人の暴力的三倍満!災難に負けず2着を目指した選手たち【Mリーグ2020観戦記2/18】担当記者:東川亮

メンツ手よりもトイツ手を色濃く見た一打だ。

とは言え、を鳴いてのトイトイには向かわず。

現状で七対子のイーシャンテン、ゆったりと構え、ツモによるさまざまなルートへの変化を残す。

そして七対子のテンパイを入れると・・・

1巡まわしてツモ切りリーチ。

ツモ、これはいら・・・

おっとっと、これはツモ。

切りかけた牌を手元に引き寄せ、リーチツモ七対子、からの・・・

裏裏で6000は6100オール!

実に2局で5万点以上のツモ収入である。

これには他3者もさすがにげんなりした模様。

東2局2本場、寿人がダブをポン。

ターツ払いの選択でを外し、受けを残す。

狙い通りを引き入れてテンパイ。

こういうときは何もかもがうまくいく。

さらにを暗槓して打点を引き上げていく。

寿人がやりたい放題だが、このままやらせておくわけにもいかない。

ここは堀が前に出てアガリに向かう。

しかし、カン待ちのテンパイは取らず。

勝負するなら形を良くしてからだ。

ソーズやマンズの好形変化のパターンも多い。

引きで待ちテンパイ。

タンヤオ平和ドラ赤赤、打点も十分高くなり、これなら上出来・・・

でも寿人がツモ、3200は3400オール。

そして次局は終盤でリーチをかけるとドラ表示牌を一発ツモ、4000は4300オール。

ここまで来ると、見ているこちらとしてはもはや笑いしか出ない。

12000、6100、3400、4300。

同卓者3人は放銃していないにも関わらず、実に25800点を寿人のツモで剥ぎ取られてしまった。

そして寿人の点数は10万点越え、こんなスコアはちょっと見たことがない。

果たしてこの男はどこまで行ってしまうのだろうか。

東2局4本場は多井が1000-2000は1400-2400をツモ。

ようやく寿人の親が流れ、もしかしたら堀と園田にも少しだけホッとした気持ちがあったかもしれない。

ただ、他3者としては「はいはい寿人さんお強うございました」では済まされない。

トップは難しいとしても、ここで2着を持ち帰れるかはチームにとって非常に重要だ。

 

東3局1本場

堀の手はある程度整っており、一方の園田は赤赤で打点の材料がある。

先制は堀、待ちでリーチ。

ただ、リーチのみで打点は乏しい。

園田も追いつく。

  • 最新の麻雀・Mリーグ情報をいち早くお届け!