Mリーグいくさ物語 海賊王・石橋伸洋伝【Mリーグ2020観戦記2/22】担当記者:東川亮

しかししかし!

このが待てど暮らせど出てこない。

結局流局、なんどは全て王牌の中!

この結果には、サクラナイツファンの歯ぎしりが聞こえそう。

この後、王牌はもう一度お話に登場いたします。

追撃を免れた石橋、

東3局1本場では巧みな舵さばきを見せた。

2巡目でイーシャンテンのこの手格好から、3巡目には愚形を払ってリャンシャンテン戻し。

7巡目にはのトイツに手をかけ、二度目のリャンシャンテン戻し。

急がばまわれと申しますが、こと麻雀にはこの言葉がよく当てはまる。

に続いてドラと立て続けにツモ!

そしてたどり着いた待ちのリーチこそ、石橋の思い描いた理想の航路だ!

これに待ったをかけたいサクラの姫君。

こちらはダブを鳴いてのドラ赤で満貫確定、いざ懸賞首を獲りに参らん!

しかし、先に姿を現したのは

さすがに岡田もこれは止められない。

裏裏の風は船を力強く後押しする!

3900のアガリが8000に倍増、これで石橋、追っ手を一気に振り切った。

とはいえ試合はまだ東場。

岡田もまだまだ海賊船から目線は切らない。

東4局待ちリーチはこの巡目で山に残り5枚!

そこにまたも立ちはだかったのが、普段は存在感皆無の王牌

このリーチも1枚が横に流れたものの、残り4枚をがっちり格納。

神の視点を持つ我々には、岡田の不遇が手に取るように分かります。

もちろん、こんなことで折れるか弱い姫君ではございません。

南2局3本場、この3度目のリーチで三色になる高目6pをついにツモ、このアガリで3000-6000。

これで石橋は目と鼻の先だ!

逃げたい石橋、南3局はカンチーから仕掛けて出た。

が暗刻でアガリはもちろん、守備に関しても抜かりはない。

 

瀬戸熊がカン待ちリーチときたら、すぐにを河に並べる。

打点もなく、ここは無理する必要ありません。

オリたくないのは親番岡田、粘り続けるもテンパイせず。

最終手番で打ったのは

これは期せずして放たれた、姫君から海賊船への恋文・・・いやいや同盟の矢文といったところでございましょうか。

石橋が鳴けば、現状瀬戸熊にあるハイテイをズラせる。

石橋は考えます。

確かには鳴ける。

しかし、鳴けば切れる安パイはなし。

魅力的な姫君のお誘い、しかし…はたしてこれに応じてよいものか。

苦悩の末、石橋は申し出を受け入れた。

そしてひねり出したは通る。

本来瀬戸熊がツモるはずだったハイテイ牌。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!