Mリーグいくさ物語 海賊王・石橋伸洋伝【Mリーグ2020観戦記2/22】担当記者:東川亮

Mリーグいくさ物語 

海賊王・石橋伸洋伝

文・東川亮【月曜担当ライター】2021年2月22日

佳境を迎えた大和証券Mリーグ。

多くのチームがヒリヒリとしたセミファイナル進出争いを繰り広げており、ファンのみなさんにおかれましては夜しか眠れず、飯しか喉を通らない日々が続いていることでしょう。

もちろん、戦っている選手のみなさんの緊張感は相当なもの。

しかし不思議なことに、普通の人間なら押しつぶされそうな重圧の中でこそ、力を発揮する頼もしい選手がいるものです。

昨年のMリーグをご覧になられた方は、彼のことを忘れてはいないはず。

そう、レギュラーシーズンの不振が嘘のように鮮やかな勝利を積み重ね、いつしか「王」と呼ばれるようになった男、石橋伸洋

今回は王の武勇伝について、一席お付き合いをいただければと思います。

2月22日 第1回戦

東家:瀬戸熊直樹TEAM雷電

南家:鈴木たろう赤坂ドリブンズ

西家:岡田紗佳KADOKAWAサクラナイツ

北家:石橋伸洋U-NEXT Pirates 

東1局に瀬戸熊のリーチをかわしてアガった石橋。

東2局のトイツを切り飛ばし、

絶好の待ちでリーチと出た。

 

これに対して親番たろうは粘りたい。

何とかテンパイへこぎ着けるため、

打ち出したに石橋が「ロン」!

リーチタンヤオ平和赤、8000点のアガリだ!

2局連続のアガリはどちらも好感触。

海賊王が2連勝へ視界良好でございます。

 

しかししかし、このまま石橋に好き勝手ばかりはさせられない。

立ちはだかるは雷電の暴君・瀬戸熊とサクラナイツの姫君・岡田。

東3局はこの二人がぶつかります。

まずは瀬戸熊、

ドラを切り飛ばして待ちリーチ!

警戒される待ちではあるが、ツモってしまえば関係なし。

 

岡田も負けてはいられない。

ドラをポンしてイーシャンテン、

そこからカン待ちテンパイだ。

打点があれば、前に出ようという気にもなるもの。

終盤、岡田に選択の時。

をツモって考えた、ツモ切れば瀬戸熊のリーチにズドン。

さすがにこれは切りきれない。

岡田は瀬戸熊の現物を切っての単騎に構える。

しかし麻雀というのは奇妙なもの。

一見全然なさそうな、実はこの時点で残り全てが山の中!

一方瀬戸熊の待ちはもうなし。

親番の岡田がここでアガれば一気にトップ目浮上だ!

  • 最新の麻雀・Mリーグ情報をいち早くお届け!