このルールなら格上ともわたりあえる 強い人と戦えるのが本当に楽しい EX風林火山ドラフト会議指名選手オーディション【小沼翔インタビュー】

このルールなら

格上ともわたりあえる 

強い人と戦えるのが

本当に楽しい 

EX風林火山ドラフト会議

指名選手オーディション

【小沼翔インタビュー】

小沼翔(RMU)

Twitter:https://twitter.com/ura3ak3

 

-今回のオーディションに参加されるにあたっての思いについては。

誰でも参加できるチャンスですし、Mリーガーになりたいという思いはあります。それに、強い人と大きい舞台で打てるチャンスがあるので、出るだけ無駄ではないと思って出ました。

-特に若手の方だと、迷った方も少なくないようです。

出ることに迷いはなかったです。ルールとしては比較的得意だと思っていますし、僕より歴が長くて麻雀が強いと思う人でも、このルールだったら意外といい勝負ができるかなと思っていました。

-Mリーグの舞台は、どのようにご覧になっていましたか。

どちらかというと、視聴者として楽しんでいました。でも、プロの舞台としてはMリーグが一番上だと思いますし、そこに立ちたいという思いはずっと持っています。

-強い人と戦うことについてはいかがでしょう。

楽しいですね。強い人と打って「こういう仕掛けでこういうことをしてくるんだ」「こういうリーチ打ってくるんだ」とか、参考になることがいろいろあります。もちろん放銃すると悔しいですけど、格上の方の麻雀を間近で見られたり、一緒に打てたりする機会が貴重だと思います。特に、他の団体の方とこういうルールで打つことはあまりないですからね。実績を残している方と打つだけで緊張感がありますし、出て良かったと思います。

-強い人というと、自団体の代表である多井隆晴プロとは、Mリーグに行ったら真剣勝負をすることになります。

一緒に打ったら、見ている以上に強く感じるんだろうなと思っています。

-応援してくださる方の声は。

僕が働いているお店のお客さんやスタッフの人、そして家族や昔からの友達も応援してくれています。なのでちょっと、かましているところを見せたいなと思います(笑)。

-今回のオーディションで、初めて小沼プロを知る方も多いと思います。

僕はまだ22歳でプロとしては若い方なので、今後の成長も期待していただきつつ「こんなやつがいるのか」と思って見てくれたらうれしいです。対局では、なるべく緊張せずいつも通り打てたらと思います。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!