極端な打法の四者が集まった半荘は極端に面白い!佐々木寿人、小林剛が魅せた逆境の凌ぎ方【Mリーグ2020観戦記12/14】担当記者:危険な鬼太郎

極端な打法の四者が集まった

半荘は極端に面白い!

佐々木寿人、小林剛が魅せた

逆境の凌ぎ方   

文・危険な鬼太郎【月曜担当ライター】2020年12月14日

先制リーチを打ったら他家の追っかけリーチに一発で跳満などを打ち、そのままズルズルとラスを引く。麻雀ではさして珍しくもないよくある事だ。

だが…Mリーガーはそんな展開でも麻雀を打つのが非常に巧みだ。序盤に点棒を失った状態からどう立て直すのか?また、点棒を失った選手を浮上させない為にはどうするのか?という戦術を取るのが非常に巧みな選手が多い。

今回はその選択を中心に書いていきたい。

【2回戦】

東家 沢崎誠KADOKAWAサクラナイツ

南家 佐々木寿人KONAMI麻雀格闘倶楽部

西家 黒沢咲TEAM雷電

北家 小林剛U-NEXTパイレーツ

 

東1局 親・沢崎 ドラ

寿人がお得意の単騎リーチを打つ。

1枚切れの単騎のリーチ待ちのリーチ。この手牌、案外好形でリーチを打とうと思っても理想的な牌はを引いての3面張待ちぐらいしかない。

なら1枚切れの単騎のリーチだったら他家の降り打ちも狙えるし、裏ドラが乗れば点数も5200とそこそこ高い点数になる。リーチ掛け得ともいえる。

しかしまさかこのリーチが黒沢のヤミテンに負ける。

寿人がを掴み、タンヤオドラの2600を黒沢に放銃。リーチをせず、きっちりリャンメン変化を待ってヤミテンにしているのが黒沢らしい。

対して寿人は辛い。掴めば誰でも出そうな単騎がカンに負けるとは…。

東2局 親・寿人 ドラ

親番の寿人がをポン!

多少手牌はきついものの、を鳴かずにメンゼンで進めた方がもっとキツイ。なら清一色ドラ1の跳満を目指して他家に圧を掛ける。

寿人はの対子落としをしてきたので、もう十中八九ピンズのホンイツだ。

これを見て小林がカンをチー!

メンゼンで進めればタンピン三色の跳満まで見れる手牌なのに、小林はこのを惜しげもなく1枚目から鳴く。手牌で確定三色が出来上がっているのでもチー出来る。

親番の寿人の仕掛けに対して速度を合わせるチー。ただ…小林とて鳴ける牌を全て鳴いているわけではない。

小林は上家、黒沢が切ったをスルー!

をチーすればタンヤオ三色の二千点の聴牌が入るが、このカンは寿人がピンズのホンイツな以上最悪な待ちだと言っていい。

鳴いて牌を減らした挙句ピンズ待ち。これではもし他家から追っかけリーチが来た場合勝負にすらならないが、手牌の中に安全牌が無かったらこの分が悪いカンで無筋を何枚か勝負する必要が出てくる。

小林は鳴いてからの守備も考えている。を黒沢から鳴けたり、をツモっての待ちだと例え他家からリーチをもらったとしても勝機がある。鳴きが得意な小林らしいクレバーな判断だ。

またもや寿人が黒沢のヤミテンに放銃する。

道中3900のチーテンは取れたが、黒沢は鳴かずにメンゼンで進めて寿人からのを捕えて、チャンタドラドラの8000のアガリ!

これまでトータルスコア1位の絶好調の寿人が黒沢に捕まり始める。

東4局 親・小林 ドラ

黒沢がかなり迷彩を利かせたリーチを打つ!

七対子ドラドラ赤のリーチ!捨て牌が自然で七対子には見えない。

これに一発で放銃するのが寿人。

流石にこのアガリが明確に見える手牌から現物のを打つわけにもいかない。

リーチ一発ドラドラ赤の12000のアガリ!なんと東場で3回もアガる無双状態。

しかもその全部を寿人から直撃しているので、寿人が一人大きくへこんでいる。

南1局 親・沢崎 ドラ

寿人が打点だけを追求したリーチを打つ。

タンヤオ七対子の単騎でのリーチ!ピンズがさして良いという情報は場にはないが、打点は6400もある。裏ドラが乗れば12000にも化ける手なのでリーチ!場面も中盤なので手替わりを待ってヤミテンにするのはあまりにも悠長すぎる。

これに親の沢崎がをポンして応戦!

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!