堀慎吾、開局からのスタートダッシュ!! 逃げ切り勝利でサクラナイツ2連勝!!

堀慎吾、開局からの

スタートダッシュ!!

逃げ切り勝利で

サクラナイツ2連勝!!

プロ麻雀リーグ「朝日新聞Mリーグ2021セミファイナルシリーズ」の3日目、第2戦は堀慎吾KADOKAWAサクラナイツ)が、トップを獲得。東1局のリーチ合戦に競り勝った堀が、一度もトップの座を譲ることなく逃げ切り。サクラナイツは2連勝で2位にランクアップとなった。

第2戦の対局者は、EX風林火山二階堂瑠美KONAMI麻雀格闘倶楽部高宮まり渋谷ABEMAS多井隆晴、そして堀の4名。

東1局、二階堂の先制リーチに親の堀が追いかけて、一発ツモ。ピンフタンヤオ・赤1の6000オールで堀が大きく抜け出す。

流局を挟んだ2本場、多井が【東】を仕掛けてテンパイ。そこに高宮がリーチで攻める。ドラの【北】【3ソウ】のシャンポン待ち。終盤に高宮が【3ソウ】をツモって2000・4000。高宮が2番手に名乗りを上げる。

東3局1本場、堀が赤2・高めイーペーコーの5巡目リーチを放つ。高宮の追いかけリーチをかけるが、さらに親の二階堂が3軒目のリーチをかけて三つ巴に。その一発目、堀が【3マン】をツモ切ると、二階堂に命中。ピンフ・ドラ1・ウラ1の12000点。一気に場が平たくなる。

しかし南1局、堀が親番でふたたびリーチ一発ツモ。ピンフ・ウラ1の4000オールで他家を突き放す。

堀はトップ目のままオーラスを迎える。親の高宮が【9ピン】をポンしたところで、堀がツモ切りリーチをかける。役なしでテンパイしていた堀は、親のリーチがなくなったと見るやすかさず自らアガリにむかう。ソーズのチンイツに向かった多井から、【3ピン】【6ピン】待ちの【6ピン】が切られて試合終了。赤1・ウラ1の5200点を加点して、堀が岡田につづいて連勝をサクラナイツに持ち帰った。

堀はインタビューで、

「(チーム連勝について)うれしいです。ラスが2回続いたところでレギュラーシーズンが終わったので、久しぶりのトップという感じがして… とてもうれしいです。(至極の1局は)ラス前の3軒リーチのめくり合いのところで、多井さん勝て勝てと思っていたところ… 多井さんが勝った瞬間ですかね」

と語った。

【Result】
1着 堀慎吾サクラナイツ 4万7200点/+67.2
2着 高宮まり麻雀格闘倶楽部 2万700点/+0.7
3着 多井隆晴・ABEMAS 1万7100点/▲22.9
4着 二階堂瑠美・風林火山 1万5000点/▲45.0

【Total】
1位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +279.0(4/16)
2位 KADOKAWAサクラナイツ +235.2(4/16)
3位 渋谷ABEMAS +183.8(4/16)
4位 U-NEXT Pirates +43.6(4/16)
5位 セガサミーフェニックス +34.5(4/16)
6位 EX風林火山 ▲26.1(4/16)

朝日新聞Mリーグ2021-22 セミファイナルシリーズ3日目 

詳細情報
EX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMAS

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2021」
3月24日の対戦はEX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMAS

キャスト

EX風林火山
KADOKAWAサクラナイツ
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
渋谷ABEMAS
実況:日吉辰哉
解説:仲林圭
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

朝日新聞Mリーグ2021-22 セミファイナルシリーズ3日目

\近代麻雀の新刊・好評発売中!/
  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!