今日は私がお姫様 サクラのプリンセス岡田紗佳がMリーグに帰ってきた!【Mリーグ2021-22観戦記3/24】担当記者:ゆうせー

今日は私がお姫様

サクラのプリンセス岡田紗佳が

Mリーグに帰ってきた!

文・ゆうせー【木曜担当ライター】2022年3月24日

セミファイナルシリーズ、3日目。

現在第3位、KADOKAWAサクラナイツ。本日の先発は、

1ヶ月振りの登場となる、岡田紗佳

レギュラーシーズンは本当に苦しかった。

だが、季節は巡る。もうすぐ春。

サクラのプリンセスは、ここで目覚めの時をむかえることが出来るのか。

【第1試合】

東家:松ヶ瀬隆弥EX風林火山
南家:滝沢和典KONAMI麻雀格闘倶楽部
西家:岡田紗佳KADOKAWAサクラナイツ
北家:日向藍子渋谷ABEMAS
実況 日吉辰哉  解説 仲林圭

東1局、

赤とドラのあるテンパイを組んだ岡田だが、

日向の七対子に放銃してしまう。

滝沢の7700のアガリをはさんで、東2局1本場。

対面松ヶ瀬のリーチを受け、岡田は危険な【3ピン】を打たないようテンパイを外す。

その3巡後に、

再びテンパイが入った。

だが、待ちの【4ピン】【7ピン】は岡田から5枚見えだ。

思案する岡田。

意を決して、

リーチに踏み切った! 残り3枚の【4ピン】【7ピン】は、他家が合わせ終わっていたのなら、山にいるはず。打点を上げて勝負に出た。

岡田の読み通り、【4ピン】【7ピン】は山に3枚残っていた。

しかし、2巡後、

宙を泳いだ【6マン】が、

松ヶ瀬に刺さってしまう。

“岡田の春は、まだなのか。”

そんな思いを抱きながら試合を見ていた。

続く東3局、

岡田は親番を迎える。

6巡目、

岡田の選択は、

【1ピン】だった。

【1ピン】【2ピン】ターツを持っているとタンヤオになりづらい。

また、ソウズは場況的に良さそうで、マンズの形には伸びがある。

ここで2枚組であるペンチャンに手をかけておくと、

\近代麻雀の新刊・好評発売中!/
  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!