松本吉弘、4勝目!! 連続逆連対の停滞ムードを自ら払拭して個人5位浮上!!【Mリーグ2022-23 / レギュラーシーズン 】

松本吉弘、4勝目!!

連続逆連対の停滞ムードを

自ら払拭して

個人5位浮上!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2022-23」の32日目、第1戦は松本吉弘渋谷ABEMAS)が、トップを獲得。瀬戸熊と松本の一騎打ちとなった第1試合。オーラス1本場の一騎打ちにツモり勝った松本が4勝目をつかんだ。

第1戦の対局者は、KADOKAWAサクラナイツ内川幸太郎セガサミーフェニックス茅森早香TEAM RAIDEN / 雷電・瀬戸熊直樹、そして松本の4名。

東1局、親の松本がピンフ・赤1の先制リーチ。続いて北家・内川がピンフタンヤオサンショク・高めイーペーコー・赤1という弩級の追いかけリーチをかけるが、直後に松本がツモアガリ。ウラ1の4000オールで、まずは松本が先制点をあげる。

東3局、親の瀬戸熊に【2マン】【5マン】待ちの三暗刻、一手変り三色同刻四暗刻単騎というテンパイが入る。ヤミテンに構えていたところ茅森から【赤5マン】が切られて9600点。瀬戸熊がトップ目に立つ。

トップ目瀬戸熊のままむかえたオーラス1本場、瀬戸熊まで2300点差にまで詰め寄っていた松本が、【發】ポン・【赤5ソウ】ポンと仕掛けて【9マン】単騎待ち。瀬戸熊が【7ピン】【8ピン】待ちのリーチをかけて一騎打ち。この勝負にツモり勝ったのが松本。【9マン】をツモって逆転勝利。松本が4勝目を獲得した。

松本はインタビューで、

「3連勝した後433と来ていてけっこうムード悪くて、うちのチームとしてもポイントは持っているけどじりじりした展開が続いていて、それを打破したいと思ってたのでよかったです」

と語った。

【Result】
1着 松本吉弘・ABEMAS 4万6900点/+66.9
2着 瀬戸熊直樹・雷電 4万2300点/+22.3
3着 茅森早香・フェニックス 5400点/▲44.6
3着 内川幸太郎サクラナイツ 5400点/▲44.6

【Total】
1位 渋谷ABEMAS +486.6(31/94)
2位 EX風林火山 +248.5(32/94)
3位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +66.3(32/94)
4位 TEAM RAIDEN / 雷電 ▲23.5(31/94)
5位 U-NEXT Pirates ▲101.5(32/94)
6位 KADOKAWAサクラナイツ ▲178.7(31/94)
7位 セガサミーフェニックス ▲179.4(31/94)
8位 赤坂ドリブンズ ▲318.3(32/94)

大和証券 Mリーグ サクラナイツvsABEMASvsフェニックスvs雷電 

詳細情報
KADOKAWAサクラナイツvs渋谷ABEMASvsセガサミーフェニックスvsTEAM RAIDEN / 雷電

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「この熱狂を”もっと”外へ」。Mリーグ2022-23の戦いはここからはじまる!!新Mリーガー3名を加え、全チーム4名体制、32名でのシーズンとなる。全8チームで各94試合レギュラーシーズンを行い、セミファイナルシリーズではレギュラーシーズン上位6チームで各20試合を実施、ファイナルシリーズはセミファイナルより上位4チームに絞られ、各16試合実施し優勝チームが決定する。2022-23シーズンでは赤坂ドリブンズEX風林火山TEAM雷電がチーム体制変更レギュレーション対象と対象となり、ファイナルステージへ進出しなければ最低1名の入れ替え、または追加によってチーム編成を変更しなければならない。

キャスト

KADOKAWAサクラナイツ
渋谷ABEMAS
セガサミーフェニックス
TEAM RAIDEN / 雷電
実況:小林未沙
解説:藤崎智
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ サクラナイツvsABEMASvsフェニックスvs雷電

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 『追憶のM』第3巻が12月1日に発売!