4分の3をどう戦うか 白鳥翔、勝利を手繰り寄せる盤石のゲームメイク【Mリーグ2021観戦記11/29】担当記者:東川亮

4分の3をどう戦うか
白鳥翔
勝利を手繰り寄せる
盤石のゲームメイク

文・東川亮【月曜・木曜担当ライター】2021年11月29日

麻雀を打つなら、アガって勝ちたいと思うのは誰しも同じだ。ただ、麻雀は4人で行うゲームであり、一人がアガれる確率は単純計算で25パーセント、流局も考えればもっと下回る。現に大和証券Mリーグにおいても、11月29日の時点でアガリ率が25パーセントに達しているのは、堀慎吾KADOKAWAサクラナイツ滝沢和典伊達朱里紗KONAMI麻雀格闘倶楽部瑞原明奈U-NEXT Pirates)の4名しかいない。

つまり、麻雀においては4分の3以上がアガれない局となる。そして強者は、アガリへの手順が巧みなのはもちろん、アガれない4分の3をどう立ち回るかで差をつけているのである。

第1試合
東家:白鳥翔(渋谷ABEMAS)
南家:松ヶ瀬隆弥EX風林火山
西家:瀬戸熊直樹TEAM雷電
北家:村上淳赤坂ドリブンズ

東1局2本場
村上が【南】をポンしてカン【7マン】待ち、ホンイツのみのテンパイを入れている。

くっつきの1シャンテンに構えていた白鳥が、ツモ【7ソウ】で選択。もし村上がマンズの一色手であれば、今のうちにマンズを離してドラ受けの残る【7ソウ】を持ちたいところではあった。

しかし白鳥の選択は【7ソウ】ツモ切り。試合後、【8ソウ】が少なくて受けとしてあまり強くないこと、そして仕掛けで前に出て来ている瀬戸熊がドラ【5ソウ】を固めていると読んでいた、と語った。もしそうなら、ソーズ周りはテンパイしてもやや弱い待ちになる。

読み通り、瀬戸熊の手にはドラが暗刻。読みのピントはバッチリ合っていた。

【7ソウ】残しの選択が見事にはまり、【赤5マン】引きからリーチをかけてツモアガリ。リーチツモピンフ赤赤裏の6000は6200オール、大物手を決めて一気にリードを広げた。

大量リードを持った白鳥。ここからのゲームメイクが見事だった。

東2局、2番手松ヶ瀬の親番では、ペン【7マン】ターツを払ってまで【北】や松ヶ瀬の現物【南】を残す。都合良く手が進み、先手好形高打点にでもなれば別だろうが、基本は守備を重視した構えだ。

松ヶ瀬連荘で迎えた次局も、2巡目にできたペン【7ソウ】受けターツをわざわざ崩す。1巡目に打たれた【東】もポンしていない。先手を取ってアガりきれそうには見えないと判断したか、最初から守備を考えていることが伺える。

南1局、白鳥が切った【1ソウ】を瀬戸熊がポン。瀬戸熊は安い仕掛けをあまり使わない打ち手であり、ここも【7マン】を切ってトイトイでの満貫を狙う。

白鳥が引いてきた【發】生牌トイトイにしろホンイツにしろ、高打点の種になり得る牌である。だが、自身も親番でかなりまとまった形だ。どうする?

白鳥の選択は打【3マン】、完全に手を崩した。この手は形こそいいが現状たどり着いてもリーチピンフ、それほど高い手にはならなさそう。対して瀬戸熊にもし【白】【發】が鳴かれれば、8000点クラスの手とめくり合うことになりかねない。そこでもし放銃でもしてしまえば松ヶ瀬との点差が大きく詰まり、トップが危うくなってしまう。形を理由に打ってしまう打ち手も多そうだが、白鳥の見切りは非常にシビアだ。

決着はテンパイの松ヶ瀬が瀬戸熊の【中】トイトイ赤、8000に放銃。2番手から3番手への点数移動で二人がほぼ並びになり、自身のリードは広がるという、白鳥にとって願ってもない展開になる。

勝負どころの南2局、松ヶ瀬の親番では自風【北】がトイツの1シャンテンという僥倖。

すぐに鳴けてアガリ、あっという間に局を進める。

南3局、1シャンテンの白鳥は村上から打たれた【4マン】をスルーした。鳴けば自風【西】後付けテンパイ、【西】は既に1枚切れで引けば誰が引いても切りそう、【4マン】チーならタンヤオと読み違えてくれそうでもある。そして守備としてもかなり優秀な牌になるので、鳴いても良さそうに見えた。だが、それ以上に白鳥はこの状況における守備を考えたのだろう。自分が安い手で前に出ずとも、競っている2番手の松ヶ瀬や大差の4着目とはいえラス親のある村上は、瀬戸熊の親を蹴る意味が白鳥以上に大きい。2人から攻め手が来ることを考えた、守備重視の構えである。

先制リーチは村上、【5ソウ】【8ソウ】待ち。白鳥としては歓迎すべきものだ。

だが、そこに瀬戸熊も【3マン】【6マン】待ちで追いついてリーチ。

2軒リーチになった一発目、二人の現物なら字牌の【發】があったが、白鳥はドラ【1ピン】をツモ切った。こちらも確かに現物ではある。

これに松ヶ瀬が手を止め・・・

出来メンツからチー。明らかな一発消しである。

松ヶ瀬の鳴きで、瀬戸熊は【8ソウ】「つかまされた」。村上への5200放縦。これも理想的な結果となり、白鳥はそのまま勝利を手にした。

https://twitter.com/shibuya_Abemas/status/1465289850991833088

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!