前原雄大、 南場の親番で大爆発!! 親っパネの連発で4勝目!!

前原雄大、
南場の親番で大爆発!!
親っパネの連発で4勝目!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2019」の36日目第1戦は、前原雄大(KONAMI麻雀格闘倶楽部)がトップを獲得。前原は南場の親番で大爆発。ハネマン連発で7万点オーバーの大トップで4勝目を獲得。チームは1順位アップして7位につけた。

1回戦の対局者は、セガサミーフェニックス・魚谷侑未、TEAM雷電・萩原聖人、U-NEXT Pirates・小林剛、そして前原

魚谷リードで迎えた南1局、萩原と前原、それに小林も参戦して3軒リーチ対決。

これを制したのが前原。ピンフイーペーコー・ドラ2をツモアガって6000オール。これで前原が一気にトップに。

同1本場も前原は、ピンフ・ドラ2の先制リーチをかけてツモアガリ。ウラが1枚乗って連続6000オール!

さらに3本場では、リーチ・ピンフ・赤1・ウラ1をツモって4000オール。これがダメ押しとなって、前原が大きなトップで4勝目を獲得した。

勝利者インタビューで前原は「(親での大爆発は)快感でしたね・この一瞬のために麻雀をやっているようなところはありますからね。非常にうれしかったです」と語った。

【Result】
1着 前原雄大・KONAMI 麻雀格闘倶楽部 7万5800点/+95.8
2着 魚谷侑未・セガサミーフェニックス 2万5400点/+5.4
3着 萩原聖人・TEAM雷電 3200点/▲36.8
4着 小林剛・U-NEXT Pirates ▲4400点/▲64.4

【Total】
1位 KADOKAWAサクラナイツ +259.0(36/90)
2位 EX風林火山 +190.6(36/90)
3位 セガサミーフェニックス +14.4(35/90)
4位 渋谷ABEMAS ▲75.1(36/90)
5位 U-NEXT Pirates ▲81.1(35/90)
6位 TEAM雷電 ▲91.3(35/90)
7位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲95.8(35/90)
8位 赤坂ドリブンズ ▲120.7(36/90)

「大和証券 Mリーグ2019」

11月26日の対戦は
麻雀格闘倶楽部 vs フェニックス vs 雷電 vs Pirates

キャスト

KONAMI 麻雀格闘倶楽部
セガサミーフェニックス
TEAM RAIDEN / 雷電
U-NEXT Pirates
実況:小林未沙
解説:多井隆晴
レポーター:松本圭世

(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ2019 KONAMI 麻雀格闘倶楽部vsセガサミーフェニックスvs TEAM RAIDEN / 雷電vs U-NEXT Pirates

この記事のタイトルとURLをコピーする