女帝・加賀まりこが 魅せた力強さ! オーラスで捲り返す底力 麻雀最強戦2021「著名人異能決戦」観戦記【A卓】担当記者:危険な鬼太郎

その後も宮内は先頭を走り続け、東4局では親の福本が5800を松本からアガるものの続く一本場で

このリーチピンフドラ裏の8000点を加賀からアガって大リードを築くことに成功する。

南3局 親・加賀 ドラ【4ピン】

3着目にいる松本がドラドラで、

字風の【北】【1マン】をポン!

手牌で5200点以上が確定する。

さらに松本は【東】をポンして…

なんと5200の聴牌と取らずに【南】を重ねての役役トイトイか役牌トイトイドラ3の跳満狙いへと舵を切る。日吉は叫んでいたが良い狙いだと私は感じた。

このまま5200をアガってオーラスに行った場合、最悪なのが宮内がピンフのなどの安い手が入ってさっと終わる事。

もしオーラス宮内が安い仕掛けをしだしたら最悪ラス親の福本は、宮内にアシストしに行くかもしれない。

そういう選択をさせないように12000をアガる事によって一時は2着目にアガって福本を点数で逆転し、逆転した状態でオーラスに行きたい所。

松本の狙い通り

【6マン】を重ねて高め【4ピン】でアガれば跳満の勝負手の聴牌を入れる事に成功する。

しかし…。親番の加賀が先制リーチ!

もし松本が【5マン】【8マン】のままだったらリーチ宣言牌の【5マン】がロン牌だった。

これを加賀が【1ピン】を一発ツモ。

これでリーチ一発ツモの2000オール。加賀が後方一騎。

南4局は加賀と親番の福本のアガり競争となったが何とか加賀がこれを制して

3200を加賀が福本からアガって2着目にまで浮上した。

勝ち上がりは 宮内!加賀!

負けた福本と松本は最後まで素晴らしい麻雀を見せてくれたし、勝った二人の内容ももちろん素晴らしかった。

決勝はいったいどういった戦いになるのか?とても楽しみだ。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!